カスタムイメージを強調する新カラーリングを採用【ヤマハ・ボルトABS/ボルト Rスペック ABS】

カスタムイメージを強調する新カラーリングを採用【ヤマハ・ボルトABS/ボルト Rスペック ABS】

カスタムイメージを強調する新カラーリングを採用【ヤマハ・ボルトABS/ボルト Rスペック ABS】の画像

■ボルトは「ブラックメタリック」、ボルトRスペックは「マットシルバー」がベース
低いハンドル、短い前後フェンダー、そして虚飾を廃したスタイル。それが「ボバー」と呼ばれるカスタムのポイントです。

ヤマハのボルトは、その「ボバー」のテイストを取り入れたクルーザーモデル。空冷の941ccV型2気筒エンジンを搭載し、高速巡航はもちろんですが、そのルックスから想像する以上にスポーティなコーナリングも楽しめる1台です。

そんなボルトがこの度、カラーリング変更されました。

ボルト ABSは、「ブラックメタリックX」をベースに、燃料タンク天面にシンプルな「BOLT」ロゴグラフィックを採用し、ボバースタイルのカスタムイメージを強調しています。

また、ゴールドリザーバータンク付きリヤサスペンションや切削加工を施したキャストホイール、バックスキン調シートなどを装備した上級仕様のボルト Rスペック ABSは、「マットシルバー1」をベースに赤いストライプを燃料タンクサイドにあしらい、カジュアルかつスポーティなイメージを強調するカラーリングとなっています。

価格はボルト ABSが961,200円、ボルト Rスペック ABSが1,006,560円で、どちらも5月16日発売です。

(クリッカー編集部)

カスタムイメージを強調する新カラーリングを採用【ヤマハ・ボルトABS/ボルト Rスペック ABS】(http://clicccar.com/2019/04/22/765049/)

【関連記事】2016年以来の優勝を遂げたスズキMotoGPマシンと同じニューカラーを採用【スズキ GSX-R1000 ABS 】【アプリリアRSV4 1100ファクトリー試乗】シンクロ率100%! ライダーと一体化してわずかな動きにも追従する【KTM 790 DUKE試乗】走れば痛快&爽快! ライダーを夢中にさせるアドレナリン増大マシン