平成生まれのクルマに乗ろう!2010年(平成22年)トヨタFJクルーザー【中古車】

平成生まれのクルマに乗ろう!2010年(平成22年)トヨタFJクルーザー【中古車】

平成生まれのクルマに乗ろう!2010年(平成22年)トヨタFJクルーザー【中古車】の画像

2010年(平成22年)は、車両本体価格3500万円というスーパースポーツカーのレクサスLFAはじめ、ハイブリッドスポーツカーのホンダCR-Z、ベーシックカーのトヨタヴィッツ、日産マーチ。そしてコンパクトSUVブームの火付け役となる日産ジュークが登場しました。その中で取り上げる1台はトヨタFJクルーザーです。

2010年より日本に導入されたFJクルーザーは当初北米専用車でしたが、逆輸入車が大人気となり日本市場への導入が決まったモデルです。名車ランドクルーザー40をオマージュしたタフな外観と観音開きのドアが特徴です。

搭載されているエンジンは最高出力276psを発生する4LV型6気筒自然吸気エンジンで、トランスミッションは6速MTと5速ATが組み合わされ、駆動方式はFRとパートタイム式の4WDでとなっています。

昨年生産終了したばかりのFJクルーザーの中古車の現在の流通台数は約300台。3カ月前は約230台だったので右肩上がりで増加中。平均価格は3カ月前が約283万円で、現在も283万円と横這いで推移しています。平均走行距離は約4.6万kmから約4.4万kmに減少しています。

FJクルーザーの中古車価格帯は約158万〜約455万円(応談を除く)で、ほぼ新車のような高コンディションの物件も多く流通しています。グレードはカラーパッケージが最も多く、最終型となったファイナルエディションも14台流通しています。

(萩原文博)

平成生まれのクルマに乗ろう!2010年(平成22年)トヨタFJクルーザー【中古車】(http://clicccar.com/2019/05/05/781380/)

【関連記事】平成生まれのクルマに乗ろう!2009年(平成21年)日産フェアレディZロードスター【中古車】平成生まれのクルマに乗ろう!2008年(平成20年)トヨタiQ【中古車】ハイブリッド動力システムが生む究極の速さと強さと、何より「効率」を追い求めて【自動車技術会モータースポーツ技術と文化シンポジウム8】