総額6億円!「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」0-400m区間どちらが速い? 鈴鹿サーキットで対決決定

総額6億円!「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」0-400m区間どちらが速い? 鈴鹿サーキットで対決決定

総額6億円!「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」0-400m区間どちらが速い? 鈴鹿サーキットで対決決定の画像

●4月28日(日)は鈴鹿サーキットへ!
モビリティのテーマパーク、鈴鹿サーキットにて4月28日(日)に開催される「スーパーカーフェスティバル〜サウンドパフォーマーズ〜」で、ファッション通販サイトZOZOTOWNの創業者、前澤友作氏とのコラボイベントが行われます!

無類の車好きとして知られる前澤氏。スーパーカーで子供達に夢と希望を届け、日本中を盛り上げることを目的に2019年に立ちあげたプロジェクト「前澤友作スーパーカープロジェクト」では幼稚園、小学校でのスクールキャラバンをはじめ、スーパーカーを活用した様々な体験イベントを企画しているのだそうです。

この「前澤友作 スーパーカープロジェクト」と鈴鹿サーキットのコラボレーションが実現! マシン展示を初め、デモ走行や同乗体験など魅力的なプログラムが多数行われます。

●シロンvsゾンダ
「前澤友作スーパーカープロジェクト」のメンバーであり、スーパーGTチャンピオン経験者の横溝直輝選手とル・マン24時間レースを制した元世界チャンピオン荒聖治選手が国際レーシングコースのメインストレートを舞台に、前澤氏の愛車であるスーパーカー、「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」で400mの区間の速さを”本気のバトル”で競います。

走行前には両ドライバーによるトークショーも行われるそうなので、こちらもお見逃しなく!
日時:4月28日(日)13:00〜13:40(予定)
場所:鈴鹿サーキット国際レーシングコース メインストレート
観覧エリア:グランドスタンド
●レーシング走行体験

小、中学生のお子様が「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」の助手席に乗り、横溝選手、荒選手の運転による国際レーシングコース(東コース)の高速走行を楽しめちゃう、スペシャルイベント!

限定2名なので争奪戦になりそうですが、当選したお子様はきっと忘れられない思い出ができるでしょう。
抽選日時:4月28日(日)13:00までにグランドスタンドに集合
対象:小、中学生
条件:走行に関する契約書に保護者が記載できる方
走行スピード:最大150km/h

●エンジンサウンドパフォーマンス
「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」のエキゾーストノートを間近で体感できる「エンジンサウンドパフォーマンス」。

総額6億円を超える2台のマシンは一体どのようなエキゾーストノートを響かせてくれるのでしょうか・・・。異次元のサウンドを味わってみては!?
日時:4月28日(日)9:30〜9:50、11:20〜11:40、15:50〜16:10(予定) 、4月29日(月・祝) 11:30〜12:00(予定)、4月30日(火)11:30〜12:00、14:30〜15:00(予定)
場所:GPスクエア

●スーパーカー40台が「音」を奏でる!
また、「スーパーカーフェスティバル〜サウンドパフォーマーズ〜」では往年の名車から現代のハイパフォーマンスマシンまで世界を代表するスーパーカーが勢揃い!

今年はスーパーカーの醍醐味である“音”にこだわり、フェラーリやランボルギーニといった甲高いサウンドを奏でるマシンが40台以上集結し、エンジン音を車内から体感できる搭乗体験(小学生以下、先着100名)やサウンドパフォーマンス、助手席に乗って国際レーシングコースを走行できるサーキットクルージング(小学生限定、抽選)など様々なイベントが実施されます。
期間:2019年4月28日(日) ※29日(月・祝)〜30日(火・祝)はイベント「働くクルマ大集合!!」と同日開催
場所:GPスクエア、国際レーシングコース
料金:無料 ※入園料、アトラクション利用料は別途必要

平成最後の思い出にふさわしい、超豪華な「スーパーカーフェスティバル〜サウンドパフォーマーズ〜」。鈴鹿サーキットに足を運んでみてはいかがでしょう。

(yuri)

【関連リンク】

鈴鹿サーキット公式ホームページ
https://www.suzukacircuit.jp/

総額6億円!「ブガッティ・シロン」と「パガーニ・ゾンダZOZO」0-400m区間どちらが速い? 鈴鹿サーキットで対決決定(http://clicccar.com/2019/04/26/782131/)

【関連記事】日本最速は三重県! 国体出場を賭けた「グランツーリスモSPORT」オンライン予選の結果が判明!ミカ・ハッキネン、鈴鹿10時間に「マクラーレン720S GT3」で参戦!バイク初心者が挑戦したらどうなる? 鈴鹿サーキット本格レーシングバイクアトラクション「モトファイター」