もはや4ドアクーペだ! メルセデス・ベンツ Sクラス 次期型プロトタイプのシルエットが初露出

●登場以来約50年。革新的なフルモデルチェンジが行なわれるSクラス
メルセデス・ベンツの最高級4ドアセダン「Sクラス」の次期型プロトタイプをカメラが捉えました。1972年のデビュー以来、47年に渡ってブランドの顔として君臨しているモデルに、革新的フルモデルチェンジが行われます。

「MRA」プラットフォームをベースにした全く新しいSクラスは、ボンネットフード、ドアパネル、Dピラーなどにまとっていたパット入りカモフラージュがはずざれ、まるで4ドアクーペのようなボディシルエットが初めて露出。

細部はカモフラージュされていますが、新DRLを装備するフルマトリックス・ヘッドライトを装着し、リアエンドにはダイナミック・ターンシグナルを備える「CLS」に似たLEDテールライトの一部が見てとれるほか、隠されていたポップアップドアハンドルも初めて出現しています。

予想されるパワートレインは、直列6気筒ディーゼルターボやV型6気筒ツインターボのほか、2.9リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジン+電気モーターを搭載するPHEVモデルなどで、EV走行だけで62マイル(約100km)の航続が期待されています。

さらにSクラスの「MRA」アーキテクチャと異なる、新しい「MEA」プラットフォームを採用するオールエレクトリックモデル『EQ S』の登場も濃厚のようです。

Sクラス次期型の登場は2020年内となるでしょう。

(APOLLO)

もはや4ドアクーペだ! メルセデス・ベンツ Sクラス 次期型プロトタイプのシルエットが初露出(http://clicccar.com/2019/05/06/797873/)

【関連記事】新型ホンダ・フィットはこうなる!? 早ければ今年後半に登場テスラが攻撃的ハイパーカー発売したら!? デザイナーが提案する「オリンパスMAX」トヨタ・新型ヤリスに250馬力「GR」が設定か!? 開発車両がニュルに出現