米国で日本車の販売台数が4ヶ月連続で前年割れ。その理由とは?

米国で日本車の販売台数が4ヶ月連続で前年割れ。その理由とは?

米国で日本車の販売台数が4ヶ月連続で前年割れ。その理由とは?の画像

米国で日本車販売の前年割れが続いているようです。4月の販売は約49万台(前年同月比-0,2%減)と、3月(-1.7%減)比では下がり幅が縮小しているものの、前年割れが4ヶ月連続している状況。

メーカー別に見ると、トヨタが4.4%減(18.4万台)となっており、その一方で日産(+9%増)やスバル (+7.7%増)、ホンダ(+0.1%増)に関しては逆に販売が伸びています。

日本車の販売減は、モデルチェンジが近いトヨタ「カローラ」等のセダン系や「プリウス」の販売減等が影響している模様で、日産のSUV「パスファインダー」や「アルティマ」、スバルのSUV「アウトバック」や「フォレスター」、ホンダの新型HV「インサイト」等の販売は伸びているようです。

トヨタもSUV「RAV4」等の販売は好調だったようで、セダン系車種の販売低迷が全体の販売減に寄与している模様。米国でもSUV系の品揃えが問われる状況にあるようで、自動車各社の今後の対応が注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

5代目トヨタ「RAV4」が3年ぶりに国内市場向けに復活した背景とは?
https://clicccar.com/2019/04/30/780763/

米・テスラが電動コンパクトSUV「モデル Y」を3月14日に公開へ
https://clicccar.com/2019/03/06/713714/

メルセデス・ベンツ日本がSUVタイプのEV「EQC」の受注開始時期に言及
https://clicccar.com/2019/01/27/691276/

米国で日本車の販売台数が4ヶ月連続で前年割れ。その理由とは?(http://clicccar.com/2019/05/04/802618/)

【関連記事】平成生まれのクルマに乗ろう!2000年(平成12年)日産エクストレイル【中古車】平成生まれのクルマに乗ろう!1997年(平成9年)トヨタプリウス【中古車】日本では発売前のトヨタ「GRスープラ」が社員ドライバーによるドイツ「ニュルブルクリンク」のレースで初完走