謎の排気口を発見。ルノー・メガーヌ改良型、PHV設定で9月デビューへ

ルノーの欧州Cセグメント・ハッチバック「メガーヌ」の改良型を南ヨーロッパでカメラが捉えました。

キャッチした開発車両には、少し曲がった奇妙なエキゾーストパイプが装着されていることに気づきます。また向かって右側には緑の排気パイプが取り付けられていることからも、これはハイブリッドパワートレインの開発車輌の可能性があるといいます。

フォルクスワーゲンをはじめ、フォードなどのライバルハッチバックもPHVに取り組んでおり、メガーヌでもマイルドハイブリッドなどの電動化が加速するのは間違いないところです。

フロントエンドではフォグランプの位置が変更されるなど、グリルやバンパー、ヘッドライトなどが再設計されます。さらに運転席側フェンダーの黒いテープは新デザインのアクセントが隠されているはずです。一番変化が見てとれるのはテールライトで、新グラフィックが確認できるほか、センターのロゴマークまで伸びていたデザインが刷新される可能性もあるようです。

リアから捉えた写真からはコックピットの一部が見えますが、完全にカバーされていることから大きな変更が行われるかもしれません。第5世代「クリオ」と共通する、最新世代のインフォテイメントシステムを搭載した9.3インチタッチスクリーンが期待できそうです。

メガーヌ改良型のワールドプレミアは、最速で9月のフランクフルトモーターショーと予想されます。

(APOLLO)

謎の排気口を発見。ルノー・メガーヌ改良型、PHV設定で9月デビューへ(http://clicccar.com/2019/05/08/806744/)

【関連記事】日本に敵はいない!? ヒュンダイ・ソナタ、超攻撃的な275馬力の「N」を設定か?「過激すぎる」MINI。史上最速モデル「JCW GP」市販型の最終デザイン見えたもはや4ドアクーペだ! メルセデス・ベンツ Sクラス 次期型プロトタイプのシルエットが初露出