レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用

レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用

レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用の画像

住友ゴムはダンロップの「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が、国内向けレクサスLSの新車装着タイヤとして納入を開始したと発表しました。

「SP SPORT MAXX 050」は、高級輸入車などに装着されるダンロップのハイパフォーマンスタイヤで、「DSST CTT」は同ブランドのランフラットタイヤを示しています。

今回、レクサスLSのOEタイヤに選定された「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」は、ランフラットタイヤでありながら、同モデルに求められる乗り心地を良さ、そして高い操縦安定性も実現したとしています。レクサスLSの優れた運動性能と上質な乗り心地の実現に貢献しながら、最先端のランフラットタイヤ技術による高い安全性を提供。

ランフラットタイヤは走行中に空気圧がゼロになっても、所定のスピードで一定距離を走行できるタイヤ。安全性向上はもちろん、スペアタイヤが不要になるため、省資源、ボディの軽量化を同時に実現できます。

なお、2018年1月にはダンロップの「SP SPORT MAXX A1 A/S DSST CTT」が北米向けのレクサスLSにOEタイヤとして装着されたとアナウンス済みです。

(塚田勝弘)

レクサス・LSのOEタイヤにダンロップのランフラットタイヤ「SP SPORT MAXX 050 DSST CTT」が採用(http://clicccar.com/2019/05/09/807801/)

【関連記事】新型トヨタ・RAV4の新車装着タイヤにダンロップの「GRANDTREK PT30」が選定平成生まれのクルマに乗ろう!2005年(平成17年)レクサスSC【中古車】トヨタがカナダでレクサスNXの生産を開始。新型RAV4、レクサスRXとともに北米市場でのSUV拡大を担う