ホンダ・フィット次期型、ワインディングロード走行を目撃。大型ディスプレイも見えた!

ホンダ・フィット次期型、ワインディングロード走行を目撃。大型ディスプレイも見えた!

ホンダ・フィット次期型、ワインディングロード走行を目撃。大型ディスプレイも見えた!の画像

■新型ホンダ「フィット」は大型ヘッドライト、3本スリットのワイドグリルで登場?
ホンダ「フィット」の次期型がワインディングロードを走る姿を目撃しました。実に軽快に、そして力強く走る姿が確認できたようです。

捉えた開発車両はかなり偽装が落とされ、新LEDデイタイムランニングライトを備える大型のヘッドライト、3本の横スリットが入ったワイドなグリル、アグレッシブなコーナーエアインテークの形状、リアエンドではリアゲートにまたがるように配置されたテールライトなどが見てとれます。

さらにウィンドウ越しに撮影されたクローズアップ画像には、大型ナビゲーション・ディスプレイの一部も映されています。

予想されるパワートレインは、1.0リットル直列3気筒エンジン、最高出力110psを発揮する1.3リットル直列3気筒ガソリンエンジン、最高出力153psを発揮する1.5リットル直列4気筒+「i-MMD」ハイブリッドモデル、航続300kmのEVなどのラインアップです。

https://youtu.be/4hq6pbmGZLs

ワールドプレミアは、最速で2019年後半が有力ですが、遅れれば2020年前半になることもあると思われます。

(APOLLO)

ホンダ・フィット次期型、ワインディングロード走行を目撃。大型ディスプレイも見えた!(http://clicccar.com/2019/05/18/808361/)

【関連記事】再び「市販FF最速」を狙う、セアト レオン次期型の最終デザインが露出最強グリルがついに露出!メルセデスAMG「CLA45」の次期型プロトタイプをキャッチアウディの最上級クロスオーバー「Q8」に、高出力の「60TFSIハイブリッド」が搭載