【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更

【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更

【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更の画像

●安全装備の充実や、住宅の蓄電池として利用可能な「V2H」も用意
トヨタ・プリウスPHVのリヤシート中央にはアームレスト付コンソールとカップホルダーがあり、後席は2人掛けになっています。FCVのMIRAIも4人定員で、賛否両論ありましたが、2019年5月9日に発表された一部改良で、プリウスPHVが5人乗りに変更されました。

プリウスPHVに限らず、軽自動車でもハッチバックでもミニバンであっても、自家用車でフル乗車する機会が頻繁にあるという方は少数派のはず。それでも「イザ」という時(たとえ年に数回であっても)に備えて4人定員よりも5人定員の方がいいという声は、プリウスPHVにもあったと想像できます。

今回の一部改良では、後席3人掛けの5人定員にしただけでなく、クルマに蓄えた電気を住宅に供給する仕組みである「V2H(ブイツーエイチ)」も用意されおり、災害などの停電時でも蓄電池としても活用できます。

「V2H」は、急速充電インレットに外部給電機能(V2H)をオプション設定し、V2H機器(別売)と接続することで、プリウスPHVの駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭用電力として利用することが可能なシステム。

また、住宅の太陽光発電などで生じた余剰電力を車両の駆動用バッテリーに蓄電することも可能で、電力需要の平準化という効果も期待できるそう。さらに、充電時間も普段の200V用充電ケーブルを使った場合と比べて、約1時間30分と大幅に短縮されます。

安全装備の強化も図られています。駐車場などからバックで出る際に、左右後方から接近してくる車両を検知し注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や、車両を上から見たような映像をナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニターが新たに設定されています。さらに、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ/対静止物)の設定も拡大されています。

さらに、専用通信機のDCMが全車に標準搭載され、遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」のような様々なコネクティッドサービスが利用できます。

トヨタ・プリウスPHVの価格は、「S」が3,178,440円、「S “セーフティパッケージ”」が3,285,360円、「S “ナビパッケージ”」が3,661,200円。「A」が3,502,440円、「A “ナビパッケージ”」が3,926,880円。「Aプレミアム」が3,814,560円、「Aプレミアム “ナビパッケージ”」が4,266,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更(http://clicccar.com/2019/05/10/808470/)

【関連記事】匠の手作業で仕上げられる新型センチュリーの「几帳面」【トヨタ・センチュリー工場に潜入B〜プレス工程】新型スープラ独占取材 Part.1「GR 開発チーフエンジニア 多田哲哉氏 同乗インタビュー」【動画レポート】トヨタとパナソニックが街づくりの合弁会社「プライム ライフ テクノロジーズ」を設立!! ホーム事業統合でスマートシティづくりを推進