名車240ZGからZ34ニスモまで大集合! フェアレディZミーティングの注目マシンをピックアップ

名車240ZGからZ34ニスモまで大集合! フェアレディZミーティングの注目マシンをピックアップ

名車240ZGからZ34ニスモまで大集合! フェアレディZミーティングの注目マシンをピックアップの画像

■1410台のフェアレディZが勢ぞろいして生誕50周年を盛大に祝う
●ADVANオールフェアレディZミーティング in 富士スピードウェイ2019(5月5日開催)
初代S30型のオーナーズクラブである「S30Z CAR.jp」が主催する「オールフェアレディZ」ミーティング。9回目となる今年は、5月5日に富士スピードウェイで開催されました。
ちょうどフェアレディZの生誕50年という節目だったこともあり、1410台もの参加車で賑わいました。その中から、注目のマシンをご紹介していきましょう。

純正色のマルーンをまとった240ZGがこれだけの台数で集まるのは、このイベントだけでしょう。手前のクルマだけボンネットをS130用に変更しています。

赤いボディにオプションのランプカバーが似合ってますが、このクルマ実はリヤが少し長い2by2。最近見直されているのです。

ブルーがかったパール塗装にドアミラーと、現代風にカスタムされたS30。15インチが主流のS30に大径ポリッシュホイールを履く姿は新鮮です。

日本国内より圧倒的にアメリカで売れたS30ですので、並行輸入されたクルマも多いようです。こちらはS30最終の280Zで、ホワイトレタータイヤがアメリカンな印象。

S30王道のリップ+リヤスポイラーにオーバーフェンダーで武装した1台。ところがエンジンはRB26DETTにスワップされていました。ハイパワーに対応させて室内にはロールケージが装備されてます。

カスタムされてしまう例が多いS30ですが、なかにはホイールまで純正スチールのままというクルマもありました。純正のグランプリグリーンでレストアされたようで新車然としてます。

大きく重く豪華になった2代目S130は参加台数が少なかった印象。そのなかで純正マンハッタンカラーをキープしている2000ターボを発見! アルミホイールも当時の純正のままです。

一世を風靡したARBエアロパーツをまとったS130も見受けられました。タペットカバーを「DATSUN3200」と加工したL28改3.2リッターエンジンを搭載しています。

会場ではS130同様に少数派だった3代目のZ31ですが、やはり人気はアメリカ風。300ZXと描かれた飛び石対策のノーズマスクを装着しています。50周年記念車用のオーバーフェンダーも人気アイテムですね。

Z31は当初、V6のVG型エンジンだけのラインナップでしたが、後期型になって直列6気筒のRB搭載モデルも追加されました。こちらもRB搭載の200ZRで、ホイールまで含めてノーマルをキープしてます。

シザードアに変換するキットが人気だったZ32型ですが、フルエアロを装着して全幅を拡大した迫力の1台を発見。この存在感はスーパーカー並み?

赤いボディにゴールドのストライプで縁取りされたZ32も、ボンネットやグリル、サイドステップにオーバーフェンダー、リヤスポイラーとエアロパーツてんこ盛り。

フロントにリップスポイラーを装着したZ33は、変わったばかりの年号をボンネットに貼り付けて参加。

改造率が非常に高いZ33型ですので、なかには原型を留めないほどのクルマも見受けられました。ウェーバースポーツのエアロとロケットバニーのフェンダーが大迫力!

ロケットバニーのフェンダーは大人気で、こちらはフェンダーミラー仕様になった1台。巨大なリヤウイングで目立ってました。

ブルーのボディに車高短、さらにポリッシュのホイールでアメリカンカスタムされたZ33。エアロがなくてもここまで目立つようになるのです。

VOLTEX製のアンダースポイラー一体型フロントバンパーを装着したZ33。レイズのTE37Vホイールはフロント10J、リヤ11Jになっているそうです。

絶妙なキャンバー角が付けられたZ33。足元のホイールは深リム仕様のワーク・マイスターで、派手さよりまとまりを重視したエアロパーツをチョイスしてます。

まるでS30の240ZGを彷彿とさせるフロントバンパーを装着したZ33です。イエローボディはフェアレディZの父、ミスターKこと片山豊さんの愛車を思い起こさせますね。

イエローのボディにレーシングストライプが走る2台のZ34は昨年発売されたフェアレディZヘリテージエディションです。1977年の280Zスペシャルデコレーションパッケージを模したカラーが斬新ですね。

2014年にマイナーチェンジされてニスモレッドが配色されたZ34フェアレディZ NISMOも参加していました。こちらはカスタムされずノーマルのままですが、独特の存在感があります。

前後のオーバーフェンダーと低い車高が印象的なZ34。あえてビス留めのオーバーフェンダーにしてレーシングカーのような迫力を生み出しています。

3ピースのワーク・マイスターをブラック・グレー塗装として、タイヤのサイドウォールにホワイトレターを追加。下げられた車高と引き締まった足元のバランスがグッド!

(文/写真 増田 満)

名車240ZGからZ34ニスモまで大集合! フェアレディZミーティングの注目マシンをピックアップ(http://clicccar.com/2019/05/11/808509/)

【関連記事】東京モーターショー2019で発表か!? 新型・日産フーガは、デザイン若返りでクラウン追撃へ「電動化で失うものはない」電動化される新型・GT-Rの登場は2022年以降?【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る