アウディ・RS Q3にTT RSの心臓部を移植!「ターボブルー」の新型開発車両をキャッチ

アウディ・RS Q3にTT RSの心臓部を移植!「ターボブルー」の新型開発車両をキャッチ

アウディ・RS Q3にTT RSの心臓部を移植!「ターボブルー」の新型開発車両をキャッチの画像

アウディのコンパクト・クロスオーバーSUV、新型「Q3」に設定される最強モデル「RS Q3」の市販型プロトタイプをこれまでで最も鮮明にカメラが捉えました。

「ターボブルー」カラーで現れた最新の開発車輌は、カモフラージュも一部ペイントを残すのみです。ハニカムメッシュのワイドグリル、コーナーエアインテークのエアロパーツが初めて露出し、サイドスカート、ルーフスポイラー、テールライト、ディフューザーなどの最終市販型パーツの形状なども鮮明に見ることができます。足回りには、オプションのセラミックディスクとブルーキャリパーも装着されているようです。

注目のパワートレインは、同ブランドの2ドアスポーツ「TT RS」から流用される2.5リットル直列5気筒ターボエンジン「TFSI」を搭載し、最高出力は400psと伝えられています。さらに最新情報では、414psまで高められる可能性があるといいます。これが事実ならメルセデス「AMG GLA45 S」と同レベルとなります。

ワールドプレミアは年内が予想されますが、数ヶ月以内にオンラインデビューする可能性もあるようです。

(APOLLO)

アウディ・RS Q3にTT RSの心臓部を移植!「ターボブルー」の新型開発車両をキャッチ(http://clicccar.com/2019/05/16/812698/)

【関連記事】三菱自動車の「トライトン」、北米市場に進出?開発は最終コーナー!メルセデス・ベンツ「GLB」の最強モデル、中も外も市販型デザイン露出アウディ R8後継モデルは650psのハイパーEV「e-tron GTR」か? 登場は早ければ2022年