【発表!新型トヨタ GRスープラ】売り切れた3.0L仕様の受注を再開!! 24台限定の「マット・ストームグレーメタリック」は抽選販売

【発表!新型トヨタ GRスープラ】売り切れた3.0L仕様の受注を再開!! 24台限定の「マット・ストームグレーメタリック」は抽選販売

【発表!新型トヨタ GRスープラ】売り切れた3.0L仕様の受注を再開!! 24台限定の「マット・ストームグレーメタリック」は抽選販売の画像

■スタッフが着ているTシャツは豊田章男社長がデザイン
・友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントの愛車80スープラも展示
2019年5月17日、お台場のMEGA WEBで「Supra is back」を掲げて新型トヨタ・スープラのプレス発表会が行われました。歴代スープラのオーナーも招待された同イベントでは、豊田章男社長がデザインしたという「Supra is back」のTシャツをスタッフがゲストを迎えていました。

今年3月に「RZグレード(上級グレード)」は、半数を超える販売店で、初年度分に予定していた注文予約台数に達したというリリースを出していました。

発表会でGAZOO Racing Companyの友山茂樹プレジデントは、生産調整に努力した結果、「3月から開始した注文予約では、3.0Lターボのご予約数が我々の予想をはるかに上回りまして、これ以上受け付けできない状況となりました。大変申し訳ございませんでした…と過去形でお詫びしたのには訳があります。スープラを少しでも早く手に入れたい…という声に答えるべく、本日より受注を再開できることになりました」とコメント。

「受注生産で、納車までお待ち頂くこともありますが、一人でも多くのお客様に、GRスープラを所有する喜び、そして、「Fun to Drive」の真髄をご堪能頂ければと思います」と続けています。
・24台限定販売のGRスープラ「マット・ストームグレーメタリック」は抽選販売
さらに、メインステージに鎮座した「マット・ストームグレーメタリック」のGRスープラを24台限定で発売すると発表。トヨタブランド初となるマットカラー仕様は、今回のニュル24時間耐久レース参戦記念として、わずか24台限定となっていて、複雑な塗装工程が必要ということから、抽選販売になります。「マット・ストームグレーメタリック」は別途オプション価格として320,000円(消費税込み)が上乗せされます。

24台限定車は、2019年5月17日から約1か月間、専用Webページにて申込みを受付し、レースの決勝が行われる6月22日(土)、23日(日)のレース期間中に、24台の当選者が決まるそうです。なお、レースの模様は、TOYOTA GAZOO Racingのウェブサイトで試聴できるのはもちろん、抽選の模様も、レース中継の中で行うとしています。

さらに、80スープラのオーナーでもある友山茂樹プレジデントは、自身の愛車を歴代スープラコーナーに展示すべくMEGA WEBにまで持ってきて披露。

友山氏が歴代スープラオーナーに向けて発表したのが、70/80スープラのパーツ復刻活動を開始するというもので、「GRヘリテージパーツ プロジェクト」の名のもと、まずは、70/80スープラ用パーツから復刻するとしています。なお、今回は具体的な部品名までは明らかにされませんでしたが、同氏は少しでも、オーナーの期待に応えられるように努力させていただきますと表明しています。

なお、新型GR スープラの価格は、2.0Lを積む「SZ」が4,900,000円、「SZ-R」が5,900,000円、3.0Lを積む「RZ」が6,900,000円。なお、トランスミッションは全車2ペダルの8速スポーツATです。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連リンク】
GRスープラ「マット・ストームグレーメタリック」受付サイト
https://toyotagazooracing.com/jp/form/supramattestormgraymetallic_agreement.html

【発表!新型トヨタ GRスープラ】売り切れた3.0L仕様の受注を再開!! 24台限定の「マット・ストームグレーメタリック」は抽選販売(http://clicccar.com/2019/05/17/817814/)

【関連記事】【新車】新型トヨタRAV4の人気の理由は? 月間目標の8倍となる約24,000台を受注するスタートダッシュ新型スープラ独占取材 Part.3「ライバル対決! GRスープラ 対 ケイマンGTS 対 BMW M2」【動画レポート】変速中はもちろん、減速中も一瞬たりともエンジン回転が落ちない。魔法のような競技用CVT車に試乗