公開直前の美しすぎる4ドアクーペ「BMW 8シリーズ グランクーペ」をキャッチ

公開直前の美しすぎる4ドアクーペ「BMW 8シリーズ グランクーペ」をキャッチ

公開直前の美しすぎる4ドアクーペ「BMW 8シリーズ グランクーペ」をキャッチの画像

BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」の派生モデルとなる「8シリーズ グランクーペ」のプロトタイプをフルヌードの状態でカメラが初めて捉えました。

グランクーペは、2ドアの「クーペ」、オープンの「コンバーチブル」に続く8シリーズ・ファミリー第三弾となる、ハッチバックを持つ4ドアクーペです。

キャリアカーで輸送中に捉えたプロトタイプは、ハッチゲート周辺にカモフラージュ用ステッカーがはられているだけで、シャープなヘッドライト、コーナーエアインテーク、プレスラインなどをはじめ、ウィンドウ形状、フロントフェンダーのエアアウトレット、テールライト、リアバンパーにいたるまでデザインが見てとれる、フルヌード状態といっていいでしょう。

リアクォーターウィンドウでは、BMW伝統の「ホフマイスター・キンク」が採用されておらず、同ブランドにおける新世代アイデンティティを予感させます。また捉えた開発車両のアグレッシブな前後バンパーから判断してV型8気筒搭載の「M850i」の可能性が高いようです。

室内では、「クーペ」や「コンバーチブル」からダッシュボードデザインを継承。12.3インチのデジタルインストルメントクラスタとインフォテインメントシステムのための10.25インチタッチスクリーンディスプレイを配置し、同ブランド最新のコックピットシステムを搭載します。

パワートレインは、最高出力320psを発揮する3.0リットル直列6気筒ディーゼルターボの「840d」にガソリンエンジンが新たに設定されるほか、最高出力530psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンターボの、「M850i」がラインアップされます。また頂点には、600psを超える「M8」の設定が確実視されています。

グランクーペは、6月25日から27日にドイツ・ミュンヘンで開催さされる「BMW Group #NextGen」でのワールドプレミアが濃厚です。

(APOLLO)

公開直前の美しすぎる4ドアクーペ「BMW 8シリーズ グランクーペ」をキャッチ(http://clicccar.com/2019/06/02/831908/)

【関連記事】ランボルギーニの「スーパーウルス」は、レース仕様のST-Xコンセプトがベース!?新型「BMW1シリーズ」、前輪駆動を採用して9月28日から全世界で発売ルノーのフラッグシップSUV「コレオス」、日産の新技術を搭載した改良型を年内に発表