新型レンジローバー「イヴォーク」の受注がスタート。価格は461万円〜

新型レンジローバー「イヴォーク」の受注がスタート。価格は461万円〜

新型レンジローバー「イヴォーク」の受注がスタート。価格は461万円〜の画像

●世界初となる「ClearSightグラウンドビュー」を搭載した新型イヴォーク
ジャガー・ランドローバー・ジャパンが新型SUV「レンジローバー イヴォーク」の受注を6月1日からスタートさせました。

「イヴォーク」は世界で累計80万台以上を販売。今回フルモデルチェンジを受けたもので、走破能力にいっそうの磨きをかけており、振動を最小限に抑える新設計の前後サスペンションにより、安定した走りと静粛性を実現しています。

新型モデルでは4種類のエンジンを用意(2巣類の直4 2.0Lガソリン、直4 2.0Lディーゼル、マイルドHV)し、数々の最新技術を採用。路面状況に応じて最適なサスペンション、T/M、トラクション等の設定を自動制御する「テレイン・レスポンス2」は注目の装備です。

さらに世界初の技術「ClearSightグラウンドビュー」を搭載。ラジエータグリルとサイドミラーに設けたカメラの映像を車内スクリーンに描写、死角の段差や障害物等、路面状況をドライバーに伝えます。

ボディカラーは新色を含め13色。従来モデルのイメージを継承しつつ、よりモダンに進化した新型「レンジローバー イヴォーク」。

SUV人気の中、日本でも注目の一台になりそうです。

(Avanti Yasunori)

【関連リンク】

ジャガー・レンジローバー イヴォーク
https://www.landrover.co.jp/vehicles/new-range-rover-evoque/index.html

新型レンジローバー「イヴォーク」の受注がスタート。価格は461万円〜(http://clicccar.com/2019/06/03/835962/)

【関連記事】ルノーのフラッグシップSUV「コレオス」、日産の新技術を搭載した改良型を年内に発表【新車】車両設定を自動制御する「テレイン・レスポンス2」を搭載、マイルドハイブリッド仕様も用意される新型イヴォーク【新車】ボンネットが透けて見える「ClearSightグラウンドビュー」を搭載した2代目レンジローバー・イヴォーク