モノが違う。新型ポルシェ911ターボ カブリオレ、ニュルで本気走行

モノが違う。新型ポルシェ911ターボ カブリオレ、ニュルで本気走行

モノが違う。新型ポルシェ911ターボ カブリオレ、ニュルで本気走行の画像

●600馬力のパワーと新開発の8速「PDK」の組み合わせで別次元の走り
新型ポルシェ・911に設定されるハードコア・オープンモデル、「911ターボ カブリオレ」の開発車輌がニュルブルクリンクのノルトシェライフェで高速テストを開始しました。

捉えた開発車輌は、ベースモデルより大口のコーナーエアインテーク、リアフェンダーにもエアスクープを備え、センターロックホイールで差別化を図っています。ニュルでは異次元の走りを魅せていたようで、ハードなブレーキでもノーズダイブが少なく、フラットな挙動をしていたとレポートされています。

標準のカブリオレでは、新世代の3.0リットル水平対向6気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、最高出力450psを発揮します。対して「ターボ カブリオレ」は3.8リットル水平対向6気筒ガソリンターボエンジンに新開発の8速デュアルクラッチトランスミッション「PDK」を組み合わせ、最高出力は600ps以上と予想されています。また油圧式ソフトトップは、最高時速31マイル(50km/h)で約12秒で開閉可能です。

https://youtu.be/PLcMJnpnnYo

「992」型ラインアップでは、9月に「911ターボ」が発表される予定で、911ターボカブリオレは最速でも2020年3月のジュネーブモーターショーとなりそうです。

(APOLLO)

モノが違う。新型ポルシェ911ターボ カブリオレ、ニュルで本気走行(http://clicccar.com/2019/06/05/838770/)

【関連記事】標的はGRヴィッツ! 韓国・ヒュンダイのホットハッチ「i20N」がニュルを爆走中ポルシェ・マカン GTS改良型は380馬力にパワーアップ! デビューは2020年ポルシェジャパンがフルバッテリーEV「タイカン」などに対応する、新トレーニングセンターを開設