世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?

世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?

世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?の画像

●自動車業界が大きな転換期を迎える契機ともなった「i-MiEV」の発表から10年
世界初の量産型EVであるi-MiEV(アイ・ミーブ)が発表されてから2019年6月5日で10周年を迎えました。ベースとなったi(アイ)は2013年にカタログから落ちていますが、i-MiEVは現在もカタログモデルとして健在です。

リヤ・ミッドシップというレイアウトに、床下の燃料タンク部分にバッテリー、荷室下にモーターやインバーターなどを配置するEV化がハマった格好になり、当初からEV専用化を見据えたようなパッケージにより、10年もの間、愛好されてきたといえるかもしれません。

i-MiEVの登場により、同社が走行中のCO2を含めた排出ガスを発生しないゼロエミッション車である電気自動車(EV)の量産と販売を世界に先駆けて発表し、これを機に自動車業界が大きな転換期を迎えたのはご存じのとおり。

i-MiEVは、発売以来、環境対応性能、静粛性、走行性能、経済性などが評価され、環境意識の高い一般ユーザーだけでなく、各国・各自治体での公用車、パトロールカー、タクシー、レンタカーなど幅広い用途で活用されています。また災害時には、燃料供給の途切れたガソリン車に代わって物資・人員輸送に活躍。

2011年には、i-MiEVのパワートレーンを商用車に展開した、軽商用電気自動車であるMINICAB-MiEV(ミニキャブ・ミーブ)を発売。今秋から日本郵便へ集配用車両として1,200台の順次納入が予定されています。

温室効果ガス排出量の削減を目指す日本郵便の環境マネジメントの推進にも寄与し、軽商用車として十分な一充電走行距離とミニキャブならではの広い荷室による積載性を評価されているそうです。i-MiEVとMINICAB-MiEVは、販売開始以降、累計31,000台以上(2019年4月末時点)を販売。

また、三菱自動車では、i-MiEVの開発は、2013年1月のプラグインハイブリッドであるアウトランダーPHEVの発売にもつながったとしています。ツインモーターAWDを採用するアウトランダーPHEVは、モーターとガソリンエンジン両方の特徴を併せ持ち、世界で最も売れているプライグインハイブリッドSUV(2018年12月末時点 JATO Dynamics Limited調べ)とのこと。

三菱自動車では、EVやPHEVの技術革新を進め、V2H(Vehicle to Home)やV2G(Vehicle to Grid)など次世代を見据えた新しい価値の提案に取り組んでいくとしています。

(塚田勝弘)

世界初の量産型EVの三菱「i-MiEV」が発表から10年。今も現役を続けられる理由とは?(http://clicccar.com/2019/06/06/839653/)

【関連記事】【人とくるまのテクノロジー展2019 横浜】軽自動車用に開発された最新パワートレインをチェック三菱・eKワゴン/eKクロスのOEタイヤにヨコハマタイヤの「BluEarth-FE AE30」が選定三菱自動車の次期CEOが語った海外事業を成功させる二つの秘訣とは?