編集部が選んだ10万円以内で買える超お買い得ウオッチ4選

編集部が選んだ10万円以内で買える超お買い得ウオッチ4選

@DIME アットダイム

幅広いジャンルで高品質低価格≠フ波が押し寄せている昨今だが、腕時計についても手頃なプライスで、高い満足度が得られるモデルがあることを忘れてはいけない。そんなコスパのいい腕時計の中から、編集部がオススメする4本を紹介しよう。

◎メイド・イン・ジャパンのクオリティーを1万円台からカスタムオーダー

ノット
『クロノグラフ』2万520円
『プレミアムカーフレザーストラップ』3240円

縦ふたつ目クロノグラフ。クロノグラフ針のみシルバー、ほか4本の針をブルーに塗装していて、ネイビーストラップとの相性が抜群にいい。ベゼル幅も薄く、知性的な印象である。クオーツ。SSケース(径39mm)。3気圧防水。

●Good Looking(1)際立つ美しいデザイン

ケースの縁ぎりぎりまで文字盤を伸ばし、コンパクトなケースサイズ以上の時計の存在感を演出している。インデックスや針の仕上げも非常に繊細だ。

●Good Looking(2)替えベルトが豊富

革ベルト以外に、メッシュタイプのブレスレット(3780円〜)や、シルクくみひもストラップ(4000円)なども。工具不要で、付け替えも簡単にできる。

●Good Looking(3)本体も自由に選べる

 

時計本体はクロノグラフ(2万520円〜)と、スモールセコンド(1万5120円〜)をラインアップ。それぞれに多彩なカラーバリエーションを用意している。

 “今日の服に、今日の時計”。ブランドのキャッチコピーが示すとおり、時計本体とストラップを自由に組み合わせて購入できるのがおもしろい。すでに約2500通りの組み合わせを展開、複数のストラップを同時購入していくユーザーが圧倒的に多いという。しかもリーズナブルな価格に反して、デザインと品質がすこぶる高いのが特徴だ。

「メイド・イン・ジャパンの腕時計のエントリーモデルを作りたかった。このブランドはその思いから誕生しました。インデックスも非常に細やかに作っていますが、プリントではなく植字しています。この妥協しないモノづくりが、ジャパンクオリティーなんです」(遠藤弘満さん)

 ケース径39mmと小ぶりだが、37mmの大きな文字盤を採用するため、腕につけた際の収まりがちょうどいい。日本人が腕にすることを前提としたデザインだからこその完璧フィッティング≠ェ得られるのだ。


Knot 代表取締役
遠藤弘満さん

北欧ブランドの時計輸入代理業務を経て、2014年に創業。今年3月に初の直営店を東京・吉祥寺にオープンさせた。

◎1983年にリリースされた、世界初のアナログ式クオーツ・クロノを復刻

セイコー×ジウジアーロ・デザイン
『SCED035』3万4560円

クロノグラフのスタート・ストップボタンをボックスケースの上下に配したアバンギャルドなデザインは、今見ても斬新だ。クオーツ。ケース(径41.8mm)、ブレスレットともSS。10気圧防水。限定3000本。

●Good Looking(1)独創的なプッシュボタン

ストップウオッチの誤操作を防ぐ特殊構造。1983年のオリジナルはプラスチック製ボタンだったが、耐久性を高めるために、金属製ボタンに変更している。

●Good Looking(2)エッジが効いたバンド

スポーツカーを想起させる、パネル模様のブレスレット。エッジの効いたデザインと、マットな仕上げまでも当時の雰囲気を再現している。

 セイコーが1969年に世界初のクオーツ腕時計をリリースして以降、70年代に入るとクオーツウオッチにはデジタル化の波が押し寄せた。一世を風靡したLEDウォッチなどが、その代表例だ。そうした状況下で、多くのユーザーにもう一度、時計本来のアナログ式の良さを伝えようと肝煎りで製作されたのが、1983年にリリースされたプロダクトデザイン界の巨匠ジウジアーロ氏とのコラボレーションコレクションだった。

「針で正確に時を指すスタイルこそ、時計表示の基本です。そこでクオーツ制御による世界初のアナログ式クロノグラフに挑んだのです。さらには、アナログ式クオーツのデザインと機能の幅を広げるためにも、カーデザインという全く異なる業界のデザイナーと組んだのでしょう」(古城滋人さん)

 スタート・ストップボタンは、ステアリングを握った状態での誤操作を防ぐデザイン。この特殊なプッシュボタンシステムを実現するために、新たな構造を開発したのだ。


セイコーウオッチ?セイコー第一企画部
古城滋人さん

1996年に入社、営業経験を経て現職。ジウジアーロコレクションの立ち上げやセイコー全般の商品企画に携わる。

◎ディテールに妥協を許さない、ハイブランド譲りの完成度の高さが特徴

レッドエイト
『CB002』680USドル(約8万1600円※)※1ドル=120円で計算

ベゼルのキーワード違いやケース色など、バリエーションも豊富。日本からもオンライン購入できる。i-MATIC(自動巻き発電クオーツ)。SSケース(径42mm)。ラバーストラップ。200m防水。ほかに機械式モデルもある。

●Good Looking(1)グラマラスなボディー

3次曲面によるボリュームを持たせたケースフォルムが見事。リューズに赤いプラスチック製カバーをかぶせることでスポーティーな雰囲気を演出している。

●Good Looking(2)欧州人発想の漢字使い

ブランド名の「RED8」にちなみ、裏蓋には赤八≠ニ刻印。こうしたインターナショナルなウィットに富むセンスも、「RED8」ならではの特徴と言えそうだ。

「高額なものを身につけていなければ恥ずかしい、見下される……そのような意識を作り上げてしまった現代の時計業界は、もはや進むべき道が間違っているのではないか」(クリスチャン・ベダさん)

 自身のブランド、ベダ&カンパニーを大成功に導いたものの、2006年にブランドを辞し、新しく立ち上げたのが「RED8」。スイスメイドを諦め、中国でも品質管理が行き届いている工場と提携してクオリティーと価格のバランスを引き上げた。またインターネット販売をメインツールとすることで、流通コストを飛躍的に抑えることにも成功し、時計ブランドの新たなビジネスモデルを構築している。

「ベゼルをデザインのプラットフォームととらえるのもRED8の特徴です。ぜひ、新鮮さを感じていただければ」(ベダさん)

 スマートウオッチにも興味があるというベダさんの動向に、今後も目が離せない。


RED8 World SA ファウンダー&クリエイティブ・ディレクター
クリスチャン・ベダさん

実母とともに設立したベダ&カンパニーが大人気に。その後、時計界のエリート意識を払拭するべく「RED8」を立ち上げた。

◎手の届く本物≠目指して現代解釈のクラシカルウオッチを具現

オリエントスター
『オリエントスター エレガントクラシックトノー』8万6400円

ローマ数字インデックスにメガネ針という、1920年代から30年代に多用された流麗な表情を持つ。自動巻き(手巻き付き)。SSケース(35×45mm)。シースルーバック。ワニ型押しのカーフレザーストラップ。3気圧防水。

●Good Looking(1)美しいケースフォルム

ふたつの面構成による光の反射を利用してトノーケースならではのふくよかさ≠表現している。その一方でベゼル幅は薄く、シャープな形状としている。

●Good Looking(2)シースルーバック

搭載する新型ムーブメントを裏側から見ることができる。自動巻きローターにブランドロゴを印し、地板には機械彫りによる美しい仕上げを施している。

●Good Looking(3)球面サファイアガラス

ドーム型風防を採用することでクラシカルなテイストがさらに加速。ガラス裏面に無反射コーティングを施し、文字盤の視認性もしっかりと確保している。

「現代的なテーラードスーツのように、伝統を正しく受け継ぎながら、時代に合ったクラシックを追求したのがこのモデルです」(田邉大輔さん)

 トノーケースのふくよかなフォルムを、エッジを効かせたベゼルと合わせて、シャープな印象に演出。そうすることで単なる懐古主義とは異なるルックスを表現している。また両球面ドーム型のサファイアガラスには無反射コーティングを施し、文字盤の細やかなギョーシェもクッキリと見せている。そうしたディテールは、アンティーク品とは明らかに異なる箇所だ。

 レザーストラップは剣先に向かって大きくテーパードさせているが、この細さもエレガントな雰囲気を演出するのにひと役買う。オリエント時計は海外向けにトノー型ウオッチを作り続けてきたため、ノウハウの蓄積があるのだ。

「このモデル用として新キャリバーを開発しました。スモールセコンドは5時位置にオフセット。ムーブメントの薄さにもこだわっています」(田邉さん)


オリエント時計?商品企画部
商品企画推進G課長 田邉大輔さん

2004年入社、国内営業職を経て、2011年から商品企画を担当。現在はメンズ、レディース双方を統括している。

関連記事(外部サイト)