アウディが2世代目となる新型『A4 allroad quattro』を発売

アウディが2世代目となる新型『A4 allroad quattro』を発売

@DIME アットダイム

アウディ ジャパンは、オールラウンドなドライビング性能を備えたAudi A4 Avantベースのプレミアムクロスオーバー、『Audi A4 allroad quattro(アウディA4 オールロード クワトロ)』をフルモデルチェンジ。全国の正規ディーラー(121店舗、現時点)を通じて販売を開始した。車両本体価格は658万円(税込み)

 

「allroad」とは、ステーションワゴンモデルのAvant(アバント)をベースに、quattro(フルタイム4WDシステム)を組み合わせ、さらにSUV特有の優れた性能を融合したクロスオーバーモデル。『Audi A4 allroad quattro』は、2010年に初代モデルが日本で発売されて以来、ミッドサイズクラスでは唯一のオールラウンドなキャラクターを備えたプレミアムクロスオーバーとして、市場で独自のポジションを築き上げてきた。

今回発売する2世代目モデルは、そのユニークなコンセプトを継承しつつ、デザインとメカニズムを根本から刷新。さらに、インテリジェントなアシスタンスシステムやAudi connectなどの新しいテクノロジーを導入することで、従来から定評のあった走行性能、安全性、快適性、ユーティリティなどに加えて、燃費効率やインフォテイメント、コネクティビィティといった分野でも、ライバルを確実にリードする現代的オールラウンダーへと飛躍を遂げた。

デザイン面では、ベースとなった『Audi A4 Avant』に対しグラウンドクリアランスを30mm拡大。全高が高くなったことに加えて、力強く張り出したホイールアーチ、クローム仕上げの垂直ルーバーを配したシングルフレームグリル、ボディとは対照色のサテライトシルバーで仕上げたアンダーボディプロテクション/リヤディフューザーといったallroad特有のデザインにより、どんな場所にあってもスタイリッシュな存在感が演出されている。

搭載する2.0 TFSIエンジンは従来型のものよりパワーを20kW(28PS)アップして252psとする一方で燃費効率を約9パーセントも改善。これには、エンジンそのものの改良に加えて、後述するquattroドライブシステムの進化、さらに設計段階からの徹底した軽量化戦略が効果をあげており、実際に車両重量は従来型比90kgも削減されている。

全モデルに標準装備されるquattroシステムは、100%前輪駆動で走行が可能な新開発の「ultra(ウルトラ)テクノロジー」を初めて導入することで、走行状況に応じたインテリジェントな4WD制御を実現。伝達効率を大幅に高めることに成功。トランスミッションは、デュアルクラッチを用いることで効率とスポーツ性を高度に融合させた「7速Sトロニック」を全モデルに標準採用した。

 

安全装備に関しては、標準装備のABS、ESC(エレクトロニック スタビリゼーション コントロール)、6つのエアバッグに加えて、先進的なアシスタンスシステムを充実させており、カメラと複数のセンサーを用いた衝突予防システム、「アウディプレセンスシティ」のほか、衝突時の乗員保護能力を高める「アウディプレセンスベーシック」、ドライバーの車線維持操作をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」などを全モデルに標準装備。

また、同じく全モデルに標準装備の「アダプティブクルーズコントロール」には、渋滞時にアクセル/ブレーキだけでなくステアリング操作にも必要な介入を行なってドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」の機能が備わっており、将来の本格的な自動運転につながるテクノロジーとして注目されている。

従来のアナログメーターパネルに代わる12.3インチの高性能モニターを使ったフルデジタルの多機能ディスプレイシステム、「Audiバーチャルコックピット」をA4 allroadシリーズとして初めてオプション設定。また、Audi connectのモジュールを標準で搭載しており、ドライバーはLTEの高速通信を介して、アウディ独自のオンラインサービスを利用することが可能。また、付属機能であるWi-Fiホットスポットにより、最大8台のモバイル端末を同時にインターネットに接続することができる。

関連情報

http://www.audi.co.jp/jp/web/ja.html

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)