30年間続くロングセラー商品に学ぶヒット商品学

30年間続くロングセラー商品に学ぶヒット商品学

@DIME アットダイム

トレンドマガジン「DIME」の創刊と同時期に誕生し、今なお市場をにぎわせている秀作≠スち。その誕生秘話を振り返りながら長寿の秘密とこれから≠追った!

■「DIME」が創刊した1986年はこんな年だった!

1月−スペースシャトル、チャレンジャー号爆発事故、4月−旧・ソ連のチェルノブイリ原子力発電所事故発生、5月−英国皇太子夫妻来日、ダイアナ妃ブームなど、今も記憶に残る大きな出来事は多い。ちなみに1986年1月31日に1万3024円だった日経平均株価は12月27日に1万8701円に。いわゆるバブル景気はこの年12月から始まった。


30年前のチェルノブイリ原子力発電所事故が地球に残した傷跡は今も深く残っている。

 ダイムが誕生した年、同様にニューフェイスとして市場をにぎわし、いまだ現役でいる商品たち。市場で飽きられたらそれまでという厳しい現実の中、30年たっても新鮮さを保ち続けるその裏には、絶えず進化を止めず歩んできた各メーカーの努力がある。

《FOODS》意外にも長寿商品多数!30年たっても食卓に並ぶあの食品たち

〈ヒットの秘密/FOODS編〉
食品の世界でのロングセラーは、基本的に親しみやすい味わいの商品が多い。その一方で、パッケージなどは時代に応じて進化も遂げ、新鮮さも打ち出しているのが特徴だ。

●味も辛さも本格的なレトルトカレーはここから始まった!

 

グリコ『LEE』

大塚食品の『ボンカレー』とハウス食品の『ククレカレー』がほぼ独占していたレトルトカレー市場に参入したグリコの『LEE』。当時の潮流だった辛さ志向を前面に打ち出して男性に訴求し大ヒット。現在も「辛さを追求した本格カレー」のイメージを牽引。

●元祖知育系スナック『ねるねるねるね』は今……

 

クラシエフーズ『くらべてねるねる』

粉を水で溶かし、練ると色が変わるキャンディー。化学反応を応用し、酸性やアルカリ性などの違いで色が変わる。遊びながら食べる知育菓子として注目され、発売以来累計7億食も販売し続けている。スペシャルバージョンのこの商品はパイナップル味とメロン味。

●うまさはまさにホームラン級!

 

テーブルマーク『ホームラン軒』

スープがうまいラーメン店をコンセプトに発売されたノンフライカップ麺。もちもちとした生麺のような食感は現在も健在。当初の味を再現した復刻版も発売中。

●スナック化したアイス、その立役者

 

グリコ『アイスの実』

菓子にはチョコボールやキャンディーなどひと口サイズのスナックは多いが、アイス菓子にはそれが少ないことに着目し商品化。当時はティーン向けに打ち出し、大ヒットした。

●レモネードをヒントに開発

 

サントリー食品『はちみつレモン』

はちみつにビタミンが豊富なレモンというマッチングが市場に受けたドリンク。発売当時は缶だったが、現在はペットボトルで販売中。

●朝からしっかり! 味なことやる〜♪

マクドナルド『ソーセージマフィン』

販売当時のレシピ、味はそのままに、今や朝マックの定番メニューに。単品100円という価格も魅力のひとつになっている。

●人気を維持する陰に、常に進化するレシピあり!

  

亀田製菓『ぽたぽた焼』

洋風スナックが人気だった当時、米菓を原点に見直して開発。おばあちゃんが孫のために火鉢で焼くことをイメージ。元祖おばあちゃんのキャラ(写真右)も現在は少し変更。

 

創刊当初からの人気連載「超個人主義DATA Watching」の筆者が斬る【30年商品の秘密】

■キーワードはおばあちゃん=I?

 僕が絶妙だなぁと思うのは『おばあちゃんのぽたぽた焼』(亀田製菓)です。『ハッピーターン』ほどセンターには出てこない。が、おいしい。仕事先の楽屋にあると、めっちゃ食べてしまう。

 30年というスパンは、2世代の生活に寄り添ってる感覚だ。お父さん、お母さんが好きだったものを、その子供も好きになる。そのニュアンスを「おばあちゃん」のイメージが受け止めている。どの商品も暮らしにきっちりプラスワンをもたらす実力派、っていう印象ですかねぇ。だから残ってるんですよね。


連載開始間もない1986年11月6日号の「バカ世界一」は、国内外で大きな話題に。


親から子へと2世代の生活に寄り添い、きっちり付加価値をもたらす実力派、それが「おばあちゃん」。そんなキーワードでこれからも長寿商品が生まれるに違いない!


コラムニスト/ラジオパーソナリティー
えのきどいちろう氏

本誌創刊当初から「データウオッチング」という連載を担当。

《PLACE》アフターファイブの過ごし方が変わった! あの2大スポットもDIMEと同じ年の生まれ

〈ヒットの秘密/PLACE編〉
バブル景気の兆しが見え始めた当時、東京を中心に様々なスポットが登場。大井競馬場のトゥインクルレースは、競馬場をデートスポット化させるなど、若者層にアピール!

●競馬ブームの火つけ役となった日本初のナイター競馬

 

「大井競馬場 トゥインクルレース」

1986年7月31日に初開催されたトゥインクルレース。当日は約4万人が訪れ、女性のファンも増えた。今年度は4月4日よりスタート。

●大規模複合施設の先駆け! サントリーホールもここに

 

「アークヒルズ」

職住近接、都市と自然との共生などをコンセプトにした、今や都内に点在するヒルズの原点、東京・赤坂のアークヒルズ。30年間で周囲の環境も大きく変わった。

《GOODS》水回りに入浴……日々の暮らしに寄り添って30年

〈ヒットの秘密/GOODS編〉
経済成長とともに技術革新や人々のライフスタイルが変わり、ヒット商品もめまぐるしく変化。家で過ごす時間を快適にする商品は激動の市場に残るロングセラーとなっている。

●名湯を解析し続けて30年

 

バスクリン『日本の名湯』

家庭で手軽に名湯気分が味わえるシリーズ。初代は透明なクリアタイプだったが、翌年に発売した登別カルルスなどの白濁タイプが大ヒット。

●発売以来、浄水器のトップブランドに君臨!

 

東レ『トレビーノ』

医療分野でも使用されている膜技術を応用することで、活性炭のみを使用していた浄水器では除去できなかったにごりや雑菌も取り除ける家庭用浄水器。

《VEHICLE》移り変わりの激しい市場のロングセラーモデル

〈ヒットの秘密/VEHICLE編〉
3年前後でのモデルチェンジが当たり前の乗り物市場。それでも愛好者の心をつかみ、長い間継続して販売され続けてきたのは、スポーツ志向の高いこの2モデルだ。

●30年間ほとんど変わらぬデザインを踏襲

 

ホンダ『FTR』

北米のダートトラックレース人気を背景に商品化。一時期、人気は低迷したが中古車から火がつきブーム到来。20代を中心に支持を得ている。

●安全で楽しく遊べる斬新な乗り物として登場

 

ヤマハ『マリンジェット』

オートバイ感覚で楽しめる水上バイク。当初2人乗りだったフラッグシップモデルは現在3人乗り。馬力も32PSから250PSにUP!

《MEDIA》楽しさ、おもしろさの本質は30年たっても変わらない!

〈ヒットの秘密/MEDIA編〉
1986年はコミックの『ちびまる子ちゃん』『おぼっちゃまくん』が連載開始。アナログからデジタルへ、メディア界は大変革が進行中だが、不変なのはそのおもしろさ。

●30年間のゲームの歴史が詰まっている

アスキー『ファミコン通信』

ゲーム雑誌の先駆け。現在はカドカワよりゲーム総合誌『週刊ファミ通』として、最新情報を今なお発信し続ける。

●憧れの大人雑誌は今も不変


(c)マガジンハウス

マガジンハウス『Tarzan』

ジャングルを駆け回る空想のキャラクターをタイトルに使用。男の身体づくりにフォーカスしたコンテンツが今も大人気のアクティブ・ライフスタイル・マガジン。

●30年目、復活した映画で大ヒットを記録


『さらば あぶない刑事』全国公開中 (c)2016「さらば あぶない刑事」製作委員会

『あぶない刑事』

強烈キャラのバディで苦境を乗り越える刑事ドラマの原点。現在公開中の『さらば あぶない刑事』は興行収入30億円を超える勢いだ。


『あぶない刑事 DVD Collection』全2巻 1万9440円
発売元:東映ビデオ 販売元:東映

少し先輩、ちょっと後輩たちにも今も続くヒット商品がいっぱい!
【まだあるアラサー世代≠フヒット商品4】

■今に通ずるブームの原点はここに!

 1986年の前後にも目を向けてみると、そこにも今に通ずるヒット商品が多数! ソニーの『ハンディカム』は、家庭用ムービーを片手で持てるほどにまでコンパクト化し、世界中でヒットを続けた。アサヒの『スーパードライ』の登場で巻き起こったビール戦争は、今の日本の酒ブランドを世界に広げるきっかけに。

 これらの商品が激動の30年間を生き抜いたその背景に、まだ見ぬヒット商品を開発するヒントが隠されているに違いない。

●家庭用ビデオカメラのヒットブランド

ソニー『ハンディカム』(1985年発売)

それまで大型で高価だった家庭用ムービーをぐっと身近にしてヒット。小型化の技術は現在のウエアラブル商品にも継承されている。

●朝シャンブームを巻き起こした洗髪洗面化粧台

TOTO『シャンプードレッサー』(1985年発売)

蛇口をハンドシャワー式にした洗面化粧台。何かと忙しい朝、洗面台でシャンプーができるようになった。最新モデルは木目調も登場。インテリア性を追求している。

●新潟県が誇る有名銘柄

朝日酒造『久保田』(1985年発売)

品質第一主義を念頭に商品化された吟醸酒。品質の良さは全国に知れ渡り、今や7種類のシリーズを世に送り出している。写真は特別大吟醸30周年記念酒。

●日本のビール市場にドライブームを巻き起こした

アサヒ『スーパードライ』(1987年発売)

日本初の辛口生ビールとして大ヒット。ビール界にドライ戦争を巻き起こした。洗練されたクリアな味が人気を集めている。

文/編集部

関連記事(外部サイト)