レンジローバーから世界初のコンパクトSUVコンバーチブル『EVOQUE CONVERTIBLE』登場

レンジローバーから世界初のコンパクトSUVコンバーチブル『EVOQUE CONVERTIBLE』登場

@DIME アットダイム

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブル・モデル『RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE』の受注を全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始した。

パワートレインは2.0リッター直列4気筒ターボチャージド9速AT、出力・トルクは240PS・340Nm。価格は765万円。

 

新たに「RANGE ROVER」ファミリーに加わる『RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE』は、世界初のラグジュアリー・コンパクトSUVのコンバーチブル・モデルだ。これまで165以上の国際的な賞を獲得している「RANGE ROVER EVOQUE」の定評あるデザインと、ランドローバーが誇るオンロードおよびオフロードでの高い走破性能を兼ね備えており、オールシーズンに対応。『RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE』の追加により、「EVOQUE」は全7機種展開となる。

『RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE』は、ダイナミックな形状が特徴のフロントバンパーや流麗なボディラインといった「EVOQUE」オリジナルのデザインに忠実でありながら、個性的なシルエットを生み出す洗練されたZ型格納式ソフトトップ・ルーフ(防音仕様)を採用しているのが特徴。センターコンソールに配置されているスイッチを操作することで、時速48kmまでであれば走行中でも、21秒でルーフを展開、18秒でルーフを格納することが可能だ。また、既存のクーペおよび5ドア・モデルのデザインをそのまま継承するのではなく、室内空間を犠牲にすることなく、折りたたんだルーフを収納するためのスペースを設けるために、フロントドア後部の車体やテールパイプ、スポイラーを新たに設計している。

インテリアは、「RANGE ROVER」の名を冠するにふさわしく、オックスフォードレザーなど随所に高級素材を使用している。また、大人4名がゆったりと座れる広々したスペースと、ルーフの開閉を問わない251リットルのラゲッジルーム、高速かつ直感的なタッチ操作が可能な10.2インチの最新インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を備えるなど、快適性と利便性を両立している。

走破性においても、あらゆる路面状況下において、ドライバーがペダル操作をせずに、トラクションを最適化して車両を一定の速度(1.8km/h〜30km/h)で前進・後退させ続けることができるオールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)を標準装備し、他のランドローバー・モデルと同様優れたパフォーマンスを発揮する。

 

そして、コンバーチブル・モデルでも安全性確保のため、横転保護のためにAピラーを強化したほか、リアクォーターパネル内に展開式ロールオーバー・バーを装備している。この横転保護システムは、万一車が横転した場合、自動的に2本のアルミ製のバーを90ミリ秒で作動させ、乗員のための安全なスペースを確保する。未然に事故を防ぐための、ステレオデジタルカメラを用いた自動緊急ブレーキ(AEB)やレーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)などの先進の安全技術もオプションとして用意している。さらに、新車登録日から3年間、走行距離6万kmまでの保証修理、ロードサイドアシスタンス、定期点検(2回)と指定交換部品および一部の消耗部品の交換を含むメンテナンスを無料で行なうプログラム「LANDROVER PREMIUM CARE(ランドローバー・プレミアムケア)」が全ランドローバー・モデルに付加され、常にベストコンディションかつ安心なドライブをサポートする。

関連情報

http://www.landrover.co.jp/index.html

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)