文字盤とベルトのデザインを電子ペーパーでアレンジできる腕時計『FES Watch U』

文字盤とベルトのデザインを電子ペーパーでアレンジできる腕時計『FES Watch U』

@DIME アットダイム

銀座ソニービルの5F「ソニーイノベーションラウンジ」5Cフロアにて、ソニーの新規事業創出プログラムから生まれたFashion Entertainmentsプロジェクトが提案する、『FES Watch U(フェスウオッチ ユー)』の試作品が10月7日まで展示されている。『FES Watch U』は、電子ペーパー搭載の柄が変わる時計「FES Watch」に続く第2弾プロダクトとして、クラウドファンディングが進行している。

『FES Watch U』は、ボタンを操作することで、文字盤とベルトのデザインを切り替えられる「FES Watch」のユニークさを一歩進め、より自分好みにアレンジできるようになったウオッチだ。腕時計型のアクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーを組み込んだ製品を世界で初めて実用化。ファッションとテクノロジーの融合を実現している。プリセットされるデザインは12通りを予定。実際の商品が手元に届く頃には、好みのデザインデータを専用スマートフォンアプリから追加購入できる(当初はiOS版アプリでの提供予定)。デザインデータは、TAKT PROJECT、CEKAI Tokyo、Bob Foundationなど個性の光るクリエイター達とのコラボレーションで続々増えていく予定だ。

 

今まで以上にユーザーのクリエイティビティを掻き立てるデザインのコレクションを、そのときの気分やシチュエーション、ファッションに応じて、自分らしいスタイルで楽しむことができる『FES Watch U』。本製品のクラウドファンディングは10月7日までで、クラウドファンディングとEコマースを兼ね備えたサイト「First Flight」にて実施する。ラインアップはPREMIUM BLACK(支援コース:5万9940円、税込)、SILVER、WHITE(同:各4万9680円、税込)の3タイプ。クラウドファンディングを通じていただいた人のフィードバックを製品開発に活かすとともに、支援(予約購入)した人には、ファンディング目標額に達成すると製品を届ける仕組みだ。

外形寸法は直径43×厚さ11.8×バンド幅23.5mm、70g。Premium Blackはケース表面にイオンプレーティング処理を施した。連続動作時間は約3週間、充電時間は約2.5時間。防水機能はIPX5/IPX7。Bluetooth機能は標準規格Ver.4.1 Low Energy準拠。対応OSはiOS 9以上、Android( Androidの対応時期は2017年4月以降となる見込み)。保存可能な柄数は最大24通り(購入時にプリセットされている柄は12通りを予定)。

製品情報

https://first-flight.sony.com/pj/feswatch-u

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)