場所を選ばずブレインストーミングができるホワイトボード『Butterfly Board』

場所を選ばずブレインストーミングができるホワイトボード『Butterfly Board』

@DIME アットダイム

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

ノートやメモ帳に考えをまとめている時に、書くだけでなく、書いた文字を手軽に消せたらいいのに。そう思ったことはないだろうか?私がこの『Butterfly Board』を購入したのはまさにそうした理由からで、考えが進んだり戻ったりするアイデア出しの段階では、手軽に消せる機能が必要だと実感したからである。今回はこの 『Butterfly Board』について、実際に使ってみた感触も交えて紹介していこう。同じような悩みを抱えている人は参考にしてもらいたい。

■『Butterfly Board』とは?

『Butterfly Board』?は持ち運び式のホワイトボードである。一般販売の開始は2015年11月となっているが、この製品、元々はクラウドファンディングサイト「Makuake」で資金を募っていたものであり、予定金額の8倍もの支持を集めてプロジェクト成功に至っている。『Butterfly Board』では、後ほど詳しく紹介することになるが、単なる持ち運び式のホワイトボード以上の付加価値を付ける試みとして、マグネット式の留め具が採用されている。このことにより、自分だけで使うホワイトボードから他人とシェアするホワイトボードへ、固定された面積のホワイトボードから拡張するホワイトボードへと、他の競合製品との差別化を図っている。

■『Butterfly Board』の特徴

◆リングが邪魔にならない冊子構造

『Butterfly Board』?はA4サイズのホワイトボードが4枚セットになった製品である。

両面ともにホワイトボードになっているので、計8ページ分の書き込みスペースが設けられているわけだが、もちろん4枚のホワイトボードは独立しているわけではない。ページの繋ぎ目にはシールで留められたマグネットが2か所付いており、このマグネットによりページは互いに吸着する仕組みとなっている。

 

したがって冊子のようにページをめくることができる一方で、使用する際にリングが邪魔になったり、収納の際の体積を増やすというデメリットが生じないようになっている。

◆並び替え自由なページはシェアも可能

マグネット式の留め具の採用は、他の利点も生んでいる。その1つがページの並び替えを自由にしたことだ。アイデア出しをしている最中には、思いがけず他のページに書いた内容と結びつく内容が出て来ることもあるはずだが、そんな時もページを分離させて横並びにすれば、独立したアイデアも視覚的に結合させることが可能だ。

もっとも、ホワイトボードの両面に書いた内容は当然のことながら横並びにすることはできないので、ページが足りなくなるまでは、4枚のホワイトボードを順番に使用していくことをお勧めする。

また、分離できるページは自身で使用するだけでなく、他人とのシェアも可能にする。複数人で同時に使用したものを後で並べて一覧するのも良いだろうし、書き込んだホワイトボードの該当ページだけを更に別の誰かとシェアするために貸し与えることもできる。残りのページは自分の手元に残るので、その間に作業が中断することもない。

◆拡張するホワイトボード

すでに触れてきた内容とも一部重複するが、A4サイズの『Butterfly Board』は最大でA2の大きさまで拡張することができる。

アイデア出しをしていて直面するのが、書いている文字や図が、スペースのない方向へ展開する事態である。本当は右に書きたいのに、右にスペースがないから泣く泣く別の場所に記入して矢印等で繋ぐ。よく起こる事態だが、付け加えられた矢印は意味の混乱をもたらすし、ビジュアルとして見たときに違和感を生じる。拡張するホワイトボードはそんな事態の解決に寄与するだろう。ただし、注意を要する点としては、マグネットの留め具はホワイトボードの長辺にしか付いていないため、4枚のホワイトボードのうち繋がっているのはペアとなっているものだけである。ペアとなっているもの同士は容易にズレてしまうので、その点だけは注意が必要だ。

◆無駄のない専用ケース

『Butterfly Board』?は表紙を持たない製品であるので、専用のスリーブケースが付属している。透明のケースには製品名と特徴を表すアイコンが記載されているが、アルファベットとアイコンだけなのでデザインとしては洒落た印象を与える。

個人的な要望を言わせてもらうなら、ケースは透明ではなく色付きのケースの方が好みなのだがこの辺りは次回作に期待したい。製品の大きさがA4サイズと決まっているので、探せば代用できるケースがあるかもしれない。なお、専用ケースにはホワイトボードマーカー用のホルダーが付いており、もちろんマーカーも付属している。

付属するマーカーよりも軸の細いマーカーを使おうとするとこのホルダーは機能しないことになるが、クリップの付いたマーカーならまだ引っ掛けて使用できそうだ。

■『Butterfly Board』を使用する際のコツ

『Butterfly Board』?で使われているマグネットは結構強力なものなので、ページを切り離す際、手前に切り離そうとするとマグネットの面同士を剥がすことになるので力を要する。切り離す際は、ページを横方向にスライドさせるようにすると簡単に離すことができる。

また、このマグネットを留めているのはシールなので、文字を消す際にこのシールの方向にイレーサーを動かしてしまうとインキの粉がシールの粘着部分に貼り付いてしまう。文字を消す際はマグネットから遠ざかるようにイレーサーを動かした方が良い。

■『Butterfly Board』を購入するには?

『Butterfly Board』の価格は税抜3,200円で「machi-ya」のHPから購入することが可能だ。実店舗での販売としては、「Makuake」製品を取り扱っている銀座・東急プラザでの販売を確認している(2016年9月22日時点)。無地のタイプと方眼のタイプの展開があるものの、無地の方は現在品切れが続いており購入は難しい様子だ。私も無地を諦めて方眼タイプを購入したが、実際に見てみると薄い色の方眼は気になる程でもなく、違和感なく使用することができている。

■関連情報

http://www.butterflyboard.jp/
http://www.amazon.co.jp/dp/B01C758U8Y

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

関連記事(外部サイト)