ビンテージデザインが洒脱なダイバー&パイロットウオッチ4選

ビンテージデザインが洒脱なダイバー&パイロットウオッチ4選

@DIME アットダイム

◎パイロットのためのモデルやダイバーズモデルなど一世を風靡した「ビンテージデザイン」を復刻

 腕時計の歴史を振り返ると、そこにはいくつものエポックモデルが存在する。中でもプラスアルファの機能が求められた1930年代以降は、機能をデザインへと昇華させたモデルが多数登場した。その好例が、パイロットのための視認性に優れた時計であり、1950年代に海底探査を行なったダイバーのための特殊防水時計である。これらのルックスが今もなお色褪せていないのは、人間の未知なる領域への冒険心を秘めているからだ。それゆえビンテージデザインのモデルには、大人の男を魅了する説得力がある。

グライシン
『エアマン 1953 ヴィンテージ DC-4』
34万5600円

回転ベゼルと文字盤で出発・到着国の時刻を示す24時制デュアルタイム。1953年に同社が製造したパイロット用モデルをオマージュした。自動巻き。SSケース(径42mm)。NATOタイプのファブリックストラップ。20気圧防水。

ユンハンス
『マックス・ビル バイ ユンハンス クロノスコープ』
予価32万760円

「形状は機能に追従する」と語ったバウハウスの芸術家、マックス・ビルの1960年代デザインを継承。アラビア数字、曜日表示機構の追加など、部分変更が加えられた。自動巻き。ケース(径40mm)、ブレスレットともにSS。防汗。

オリス
『ダイバーズ 65』
予価20万5200円

1965年に誕生したオリジナルデザインを忠実に再現。視認性向上のため、インデックスの4つの数字を肉抜きにしているのが興味深い。自動巻き。SSケース(径40mm)。NATOタイプのファブリックストラップ。100m防水。

パテック フィリップ
『カラトラバ・パイロット・トラベルタイム 5524』
543万2400円

出発地と到着地の時刻を示す2つの時針を持ち、LOCALとHOMEの小窓で、それぞれの昼夜も示す。時刻変更はボタンを押すのみ。6時位置に日付表示。自動巻き。18KWGケース(径42mm)。シースルーバック。カーフスキンストラップ。3気圧防水。

関連記事(外部サイト)