パナソニックがSDカーナビ『strada』新モデル4機種を発売

パナソニックがSDカーナビ『strada』新モデル4機種を発売

@DIME アットダイム

パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、SDカーナビステーションの新製品「ストラーダ」、スタンダードモデル4機種を2016年10月中旬より発売する。ラインアップはパネルサイズが200mmワイドの『CN-RA03WD』『CN-RE03WD』、180mmの『CN-RA03D』『CN-RE03D』で、価格はいずれもオープン価格。

市販カーナビゲーション市場において、AV一体型カーナビゲーションが堅調に推移する中、ユーザーの多様化により、基本機能が充実したカーナビゲーションの需要が拡大している。今回の新製品は、新交通情報サービス「VICS WIDE」を活用して、渋滞回避とパナソニック独自の新旧ルート比較ができる「スイテルート案内」に加え、Bluetoothオーディオ、8倍速CD録音、ワイドFM等、ニーズの高いAVソース再生に対応するなど、上位機種譲りの高いナビ・AV機能を搭載した。加えて、CN-RA03WD/Dは新規道路開通後も安心して長く使える無料地図更新にも対応している。

その特徴としては、まず渋滞回避ルート探索に必要だったビーコンユニットを使うことなく、「VICS WIDE」情報を活用した渋滞回避ルート探索・案内が可能な「スイテルート案内」機能を搭載。「スイテルート案内」は、「VICS WIDE」の渋滞・規制情報の変化に伴うルートの再探索機能に加えて、新旧ルートの比較機能も有し、ドライバーの嗜好にあったきめ細やかなルート決定が可能だ。

また、「VICS WIDE」から提供される交差点の進行方向(直進・右折・左折など)ごとの通過時間情報を利用し、レーン別に渋滞状況を色分け表示することで、より渋滞の少ない方向への右左折にも対応する。さらに、オプションのETC2.0車載器(CY-ET2000D)と連携すれば、ETC2.0からの広域の高速道路交通情報を活用したルート探索もできる。「VICS WIDE」からのゲリラ豪雨等の気象・災害情報や大津波や火山噴火等の緊急特別警報(地震を除く)もカーナビの画面上に表示してくれる。

オーディオ面では、CDをSDメモリーカード(別売り)に最大8倍速の高速録音が可能。また、スマートフォンの音楽をワイヤレスでカーナビに接続して楽しめるBLUETOOTHオーディオは、高音質再生が楽しめるAAC(Advanced Audio Coding)形式にも対応した。ラジオは、AMラジオ番組をFM放送で楽しめる「ワイドFM」が楽しめるため、電波干渉を受けやすい都市部などAMラジオが入りにくいエリアでも、より受信が安定。ノイズの少ないFM放送品質で聴くことができる。

関連情報

http://panasonic.jp/

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)