回転錘に特別な仕上げを施した『グランドセイコー メカニカルハイビート36000 GMTモデル』が数量限定で登場

回転錘に特別な仕上げを施した『グランドセイコー メカニカルハイビート36000 GMTモデル』が数量限定で登場

@DIME アットダイム

セイコーウオッチは創業135周年を記念して、高級ウオッチブランド<グランドセイコー>から、『メカニカルハイビート36000 GMT』の特別仕様モデルを11月11日よりセイコープレミアムウオッチサロンとセイコープレミアムブティックで、続いて海外市場において数量限定で発売する。このモデルは、2014年度ジュネーブ時計グランプリ部門賞(小さな針:プティット・エギュィーユ)を受賞し、日本製のメカニカルウオッチとして初の快挙となった数量限定モデル『SBGJ005』をベースに、回転錘に特別な仕上げを施したもの。

希望小売価格は70万円(税別)、販売数量は世界限定500本。

■「明け方の空のグラデーション」を表現する陽極酸化処理のチタン製回転錘

シースルー仕様の裏ぶたから見ることのできる回転錘には、軽量なチタン素材を採用するとともに美しい多色のグラデーション仕上げが施されている。これは闇を切り拓いて暁の光が昇っていく様をグラデーションで表現した陽極酸化処理ならではの特別な仕様であり、塗装でもめっきでもない、素材そのものの豊かな色味。また、今回の回転錘に採用するチタン材は高弾性、高い振動吸収性能が特徴。衝撃による変形、ムーブメントや回転錘のベアリングへの衝撃の伝播を軽減することで、より安心して使える実用性も兼ね備えている。

■「朝焼けに染まる岩手山」を表現するダイヤル

ダイヤルには、繊細で美しい放射模様が施されている。これは9S系メカニカルムーブメントを一貫して製造する「雫石高級時計工房」から望む、岩手の名峰・岩手山に刻まれた無数の尾根を表現したもの。雫石のものづくりを象徴する先進のメカニカルムーブメントを搭載するグランドセイコーだけが採用している特別な模様だ。この放射模様に深い赤色を重ねて、朝焼け時の岩手山の情景を表現している。

■セイコースタイルを体現するケースデザイン

「セイコースタイル」は、腕時計の最高峰を目指して誕生したグランドセイコーに、日本の高級腕時計として世界に誇れる外観を与えるべく考案された。1967年に発売された「44GS」で完成されて以来、時代とともに進化させつつ、現在に至るまで連綿と受け継がれてきた、人の心をワクワクさせ、燦然と輝く腕時計を生み出す独自のデザイン哲学。今回のケースデザインはセイコースタイルの基本概念はそのままに、より立体的な造形となっている。

関連情報

https://www.seiko-watch.co.jp/

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)