ジャガーがローンを組むことで現金購入時より支払総額がマイナスになる自動車業界初の「マイナスローン・プログラム」を開始

ジャガーがローンを組むことで現金購入時より支払総額がマイナスになる自動車業界初の「マイナスローン・プログラム」を開始

@DIME アットダイム

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、自動車業界では初となる「マイナスローン・プログラム」を2016年12月31日までの期間限定で導入する。対象車種は、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークで取り扱っているスポーツ・サルーン「XE」、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」の全グレードとなる。

 
「XE」

?
「XF」

「マイナスローン・プログラム」とは、新車購入の際に、0.1%の金利相当額を初回の分割支払金からマイナスするという特別施策プログラム。さらに2回目以降も金利がかからないため、購入者はローンプログラムを適用した場合の方が、現金購入時よりも支払総額が減額となる(※)。

例えば、「マイナスローン・プログラム」を37回払いで利用した場合、『XE PURE』(車両本体価格489万円)は、第1回目分割支払金が8377円、支払総額が487万9877円となり、また、『XF S』(車両本体価格1142万円)の場合は、第1回目分割支払金が8984円、支払総額は1139万8984円となる。
※全金利はジャガー・ランドローバー・ジャパンが負担

今回、同社が掲げている、カスタマーファースト(お客様第一主義)の精神に基づき、より多くの人にジャガー・モデルのパフォーマンスを楽しみいただきやすくするとともに、家庭や企業での有効的な資産活用をサポートすることを目的に、新たな試みとして「マイナスローン・プログラム」の導入を決定した。これまでローンを組むことに抵抗があった人や、金利を考慮し分割数を減らしたり、現金支払いを検討、選択している人にとって、新たな選択肢を提案することが可能になった。さらに、「マイナスローン・プログラム」を使用することで、初期費用および毎月の支払を抑えることができ、他の用途や投資に充てることができるという利点がある。

関連情報

http://www.jaguar.co.jp/index.html

文/編集部

 

関連記事(外部サイト)