プジョーが1.2L、3気筒ターボエンジンを搭載したコンパクトSUV『2008』を発売

プジョーが1.2L、3気筒ターボエンジンを搭載したコンパクトSUV『2008』を発売

@DIME アットダイム

プジョー・シトロエン・ジャポンは、SUVの力強さをさらに進化させた『2008』を、全国のプジョー・ディーラーネットワークにて販売を開始した。

プジョーが来年に向けて差し示す重要なブランド戦略は「SUV」。都会的でスタイリッシュなデザインと、上質なコンパクトSUVとして高く評価された2008に、より鮮やかで力強い存在感を注ぎ込んでいる。今回、新しいラインアップとして、充実したフル装備の『Allure(アリュール)』、そして情熱的なスポーティグレード『GT Line』を投入。

搭載するパワートレインは、2015年、2016年とインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーを連続受賞した、最高出力110馬力のピュアテック1.2L 3気筒ターボエンジンに、第3世代の6速オートマチックトランスミッションを組みあわせ、力強さと軽快さをバランスよく両立している。さらに、『GT Line』はグリップコントロールとその性能を最大限に引き出す4シーズンタイヤを装着し、街中での快適性、高速走行時の加速、悪路や雪道での走破性など、様々な条件下での走行性能を向上させている。

新型『2008』はSUVのもつキャラクターをさらに進化させ、様々な機能を装備した。まずエクステリアにおいて『Allure』はクロームパーツを、『GT Line』はRed & Blackを基調とした、それぞれ異なる主張をしている。インテリアではインストルメントパネルをブルーに縁取った『Allure』と、レッドアクセントを配した野性的な『GT Line』と、個性的の違いを楽しめる。さらに、アクティブシティブレーキを標準装備、パノラミックガラスルーフをオプションで選択が可能。ボディカラーは新色のアルティメット・レッドをテーマカラーとした、全6色をラインナップした。

税込みの車両本体価格は『Allure』が262万円、『 GT Line』が285万円。

 

関連情報

http://www.peugeot.co.jp/

 

関連記事(外部サイト)