知らなかったじゃすまされない!「個人信用情報」について知っておくべきこと

知らなかったじゃすまされない!「個人信用情報」について知っておくべきこと

@DIME アットダイム

 ポイントが付いたり、旅行の保険が付いたりして、現金支払いよりお得なクレジットカード。@DIMEでも特集ページで度々取り上げられているので、「カードを持つお得さ」を、一度は目にしたことがあるだろう。一方で、クレジットカード発行に必要な信用情報を目にしたことはあるだろうか。カードの申込情報や、利用状況などの情報が「信用情報機関」で管理されていることを知っておかなければならないのだ。

■そもそも信用情報機関とは?

 信用情報機関とは、文字通り、個人の信用情報を管理している機関のこと。クレジットカード発行に限らず、住宅ローン契約や消費者金融での借入、スマートフォンの割賦販売契約など、お金の貸し借りに関連する契約情報が全て、信用情報として記録されている。機関は表1の通り、3機関ある。カードやローンの申込を受け付けた金融機関が、加盟する機関に問合せれば、他社での契約状況を含めた個人の信用情報が取得できるのである。

 また、金融機関が問合せた履歴も記録されているので、契約に至らなかった場合でも、いつ、どの金融機関でどのような申込があったか分かってしまうのだ。もちろん、金融機関が勝手に個人の信用情報を照会することはない。カードの申込時に確認が必要な利用規約には、信用情報機関へ照会するという記述がされており、同意しなければ申込手続きができないようになっている。


表1:信用情報機関一覧。3機関のうち、クレジットカード会社の加盟が多いのは「CIC」。また、3機関は、「CRIN」という仕組みで情報を共有したり、CICとJICCの間では、「FINE」という仕組みで情報を共有している。


加盟企業の例。CICの加盟会員検索より引用。カード会社や、住宅ローンを扱う金融機関などが名を連ねる。これらの金融機関でカードやローンを申込んだときに、自分の情報が照会される。

■信用情報は開示請求できる

 信用情報機関で管理されている情報は、加盟金融機関だけが利用できると思いきや、個人が、信用情報機関に対して、記録されている情報の開示を請求ができる。開示請求の方法を表2にまとめた。どの機関も、郵送での開示請求に対応しているので、信用情報機関にいちいち出向く必要は無いが、いずれの方法でも請求手数料がかかることに留意しておこう。また、表2の下に、実際に、筆者が開示請求した結果を掲載する。どのような情報が登録されいるか見てみて欲しい。


表2:機関ごとの対応開示方法一覧。全銀協は、郵送のみの対応。CICとJICCは、WEBでの請求にも対応している。手数料は、全銀協が1000円(定額小為替での支払い)、CICとJICCは、来社が500円で、郵送とWEBは、1000円。いずれも税込み。


ネットでの開示請求の仕方。http://www.cic.co.jp/mydata/pc/index.htmlより引用。ネットでの開示は、手続きすればすぐに情報が見られる。指定された電話番号に電話をして、受付番号を取得したら、あとは自分の個人情報を入力して問合せするだけ。

 


実際の開示報告書の例(CICの場合)。記録されているのは、申込時に入力した生年月日や、勤務先の情報や、カードの限度額といった属性情報や、毎月の入金情報、金融機関からの問合せがあった履歴の記録だ。CICの場合は、入金状況に、「A」というマークがつき、「26.返済状況」に、「異動」と表示されていれば、61日以上の支払いの遅れがあったことになる。この状況で、他のカードを申し込んだ場合は、審査が通らない可能性が非常に高い。参考:CICの開示報告書の見方

◎本人確認書類をなくしたときや情報が間違っているときはすぐに連絡を

 開示請求した結果、身に覚えのない情報が登録されていたら、情報の登録元金融機関に問合せて、情報の真偽を確認しよう。その誤った情報のせいでカードやローンの審査が通らなくなる可能性があるからだ。免許証や、保険証など、本人確認書類をなくした時も同じで、悪用されて、勝手にクレジットカードを申し込まれる可能性を排除するために、なくした旨をすぐに連絡しよう。

 クレジットカードを持つ人なら、一度はチェックしておきたい信用情報。延滞することなく長期間使っていれば、信用能力は高いと判断され、利用可能額が増えたり、グレードの高いカードの審査が通りやすくなることだろう。お得なクレジットカード探しではなく、自分の信用情報探しも抜かり無く。

文/久我吉史

◎掲載されている各種データは取材時のものです。

関連記事(外部サイト)