文字盤の中に野生の花畑を再現したジャケ・ドローの傑作『プティ・ウール ミニット サウザンド イヤー ライツ』

文字盤の中に野生の花畑を再現したジャケ・ドローの傑作『プティ・ウール ミニット サウザンド イヤー ライツ』

@DIME アットダイム

時に、1つのディテールでその時代や未来を表現できる。ジャケ・ドローの職人たちは、サブダイヤルを12時位置のオフセンターに配した「プティ・ウール ミニット」(PETITE HEURE MINUTE)を生み出して、啓蒙思想の時代の豊かさを漂わせるピエール-ジャケ・ドロー スピリットを復活させた。「時」は実利的というだけに留まらず、詩的なものにもなっており、職人の創意が文字盤のスペースに表現されている。まさに巨匠のカンバスと化した『プティ・ウール ミニット』には、エナメル装飾から細密画、また眩いダイヤモンドセッティングや驚異的なリアリティを追求した彫刻およびエングレービングなど、ジャケ・ドローのアトリエ・オブ・アート(Les Ateliers d’Art)が持つ最高のノウハウが余すところなく発揮されている。

ブランドの職人は、古くから伝わるアジアの技法に着目して、「プティ・ウール ミニット」の陶酔を誘うモデルを開発した。虹色の花が並ぶ景色はNajeon Chilgi(螺鈿)技法から着想を得ている。このマザー オブ パールを嵌め込んだ漆塗り細工は高麗王朝の黄金期(10世紀〜14世紀)に見られ、その時代、貴族階級の女性たちは完成までに数か月を要する豪華な宝石箱を求めていた。

『プティ・ウール ミニット サウザンド イヤー ライツ』では、直径35mmまたは39mmのケースの中に花畑が表現されている。この自然に生きる野生の花は、卓越した技術によって、その儚い美しさを永遠に留めているのだ。豊かな色彩、情熱的な赤の色調で際立つ愛情、葉の鮮やかなシルバーカラーは、マザー オブ パールのなめらかなカットだけが生み出すことのできる緻密なディテールと対を成している。マザー オブ パールには、まずラッカーを施した後、入念にポリッシュ仕上げを施す。次にエングレーバーは、手作業でわずかに立体的に仕上げて、この植物の絵画に比類なき輝きを与え、その表面に差し込む光でミラーラーエフェクトを演出。ジャケ・ドローが新たな解釈を加えたこの古(いにしえ)の技法は、傑出したタイムピースの文字盤に対し、《THOUSAND YEAR LIGHTS》の名に相応しい、かつてない光沢ときらめきを増大させている。

 

極めて女性的な洗練美を纏う『プティ・ウール ミニット サウザンド イヤー ライツ』は、ダイヤモンドを施した、または施していないラージサイズのレッドゴールド、またはホワイトゴールドケースを備えた、5つのモデル(各世界限定28本)をラインアップ。この68時間のパワーリザーブを持つ卓越したエレガントなモデルには、夜空の神秘を連想させる奥深いブラックまたはブルーのアリゲーターストラップを採用している

プティ・ウール ミニット サウザンド イヤー ライツ
アトリエ・オブ・アート コレクション
世界限定28本

 

価格
税込468万7200円(直径35mm)
税込493万5600円(直径39mm)

プティ・ウール ミニット サウザンド イヤー ライツ
アトリエ・オブ・アート コレクション
世界限定28本

価格:604万8000円(税込価格)

関連情報

http://www.jaquet-droz.com/

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)