コールマンが1970年代のアメリカンダイナーをイメージした『シーズンズランタン2017』を限定発売

コールマンが1970年代のアメリカンダイナーをイメージした『シーズンズランタン2017』を限定発売

@DIME アットダイム

「グランピング」の流行により、最近はアウトドアライフへの関心が高まっている。関連用品も人気を集める中、インテリアとしても使えそうな、おしゃれなアイテムが登場。それがコールマン ジャパンから、12月中旬に発売されるリミテッドエディション(限定版)のランタン『シーズンズランタン2017』だ。希望小売価格は3万3000円(税抜き)。

このランタンは、アメリカン・ヴィンテージ・シリーズの第3弾として1970年代「あの日のアメリカROADSIDE DINER〜ロードサイドダイナー」をテーマにしている。ボディカラーはアメリカの青空をイメージさせる“ヴィンテージブルー”、グローブのデザインには当時のロードサイドに見えるにぎやかなアメリカのダイナーを表現したものだ。

製品の特徴としては、まずランタンモデルはシーズンズランタン定番の200Bを採用。明るさは190キャンドルパワー(約130W相当)と周囲を照らすには十分な照度を確保している。オリジナルのキャリーケースは限定カラーで、貝殻のように開閉するクラムシェル型と、コレクターアイテムとしての価値もある。

本体サイズは約17×17×31cm。燃料はホワイトガソリン、燃焼時間は約7〜約15時間。タンク容量は約590cc。

シーズンズランタンは、コールマン ジャパンが日本国内で独自に企画し、米国本社の工場で製造されるリミテッドエディション(限定版)のランタン。2005年から販売されており、実用的なランタンとしてだけではなく、コレクションアイテムとしても楽しめる製品となっている。

関連情報

http://www.coleman.co.jp/

文/編集部

 

 

関連記事(外部サイト)