オフ-ホワイトを手掛けるヴァージル・アブローの個展開催、村上隆との対談も! カイカイキキギャラリーにて

オフ-ホワイトを手掛けるヴァージル・アブローの個展開催、村上隆との対談も! カイカイキキギャラリーにて

記事画像

ストリートウェアブランド「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー?(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH? )」を手掛けるヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の個展「”PAY PER VIEW”」が、東京・広尾にあるカイカイキキギャラリーにて、3月16日から4月1日に開催される。

Virgil Abloh "a mere image" 2018 Screen print on chrome
アーティスト、ファッションデザイナー、技師、クリエイティブ・プロデューサーという幅広い肩書きを持つアブローは、2016年のデザインマイアミにおける家具のコレクション、熱狂的な人気のあるナイキとのスニーカーコラボレーション「Virgil Abloh x Nike」、今年2月にオープンしたガゴシアン・ギャラリー・ロンドンでの村上隆とのコラボレーション展など、幅広い領域において注目を集め、賞賛を浴びている。

以前からファッションや音楽など様々なメディアを通して自身の考えを表明してきた彼が、今回の個展では“アート”を通して表現する。同展は“PAY PER VIEW”をテーマに掲げ、消費社会、広告およびメディアが、どのように我々の世界の捉え方に影響を与えるのか、という疑問を中心に構成。

会場では、90年代の広告で目立っていたブランドのロゴ配置を基礎とした視覚的なコミュニケーションを通じて、鑑賞者の関心を惹きつける。訪れた人に「果たして自分は、本質的には消費行為を通じて形作られているのだろうか」と、今、目に見えているものを超えてそれに疑念を抱かせるような現代アートを体験できる作品を展示、独自の世界を繰り広げている。

作品が目指しているのは、ひとつのオブジェクトの中に共存するおびただしい数のメッセージを具現化する設計体験を通して、感情を構築していくこと。これは、彼のデザインに対する取り組みに大きく影響を与えた経験を還元している。アブローが建築技術者として学位を取得した頃、視覚広告と仮定することが可能なカラヴァッジォやベルニーニの作品を目の当たりにしたときに、当時彼らの作品が自分に伝えようとしているメッセージを解き明かしたい、分析してみたいと生まれた切なる願いがリンクしているのだ。

作品は様々なものを器として用い、それらがいかにアート作品として、現代における広告が根差しているアルゴリズムを解読する触媒の役割を果たしているのかを示す。鑑賞者一人ひとりの人生経験に応じ、ひとつひとつ異なるメッセージの理解が生まれ、創作作品の裏に込められた意味より深い理解や感情を生み出すことが狙いだ。

なお、3月17日にはヴァージル・アブローと村上隆の対談も開催。スリリングな視点を持つアブローの世界観を間近で体感してみては。



【イベント情報】
VIRGIL ABLOH “PAY PER VIEW”
会期:3月16日〜4月1日
会場:カイカイキキギャラリー(Kaikai Kiki Gallery )
住所:東京都港区元麻布2-3-30 元麻布クレストビルB1
時間:11:00〜19:00
休廊:日、月、祝日 ※最終日の4月1日のみ日曜営業

関連記事(外部サイト)