東京ミッドタウン日比谷の全貌が公開に、オープンは3月29日

東京ミッドタウン日比谷の全貌が公開に、オープンは3月29日

記事画像

3月29日に開業する「東京ミッドタウン日比谷」(東京都千代田区有楽町1-1-2)が、22日に報道関係者に向けた内覧会を実施した。地上35階、地下4階、延床面積18万9,000平方メートルのオフィスと商業から構成される大規模複合施設で、六本木に続くオープンとなる。


同施設は、地下鉄日比谷駅、有楽町駅、銀座駅の、3つの駅に直結するアクセスの良い立地にある。基本設計・デザインは、イギリスを代表する建築事務所として世界で知られるホプキンスアーキテクツが手掛けた。高層部はかつて日比谷にあった鹿鳴館をインスピレーションに“ダンシングタワー”をコンセプトとし、低層部はアール・デコ様式の建造物として高く評価されていた三信ビルディングの石張りの壁面イメージを踏襲。品格ある外装デザインを実現した。

この日公開されたのは、地下1階から7階で展開される商業エリア。日本初出店6店舗、商業施設初出店15店舗、新業態22店舗を含む、計60店舗が軒を連ねる。共用部は“劇場空間都市”をコンセプトに、芸術文化・エンターテインメントの聖地である日比谷にふさわしい、大人の魅力が溢れる華やかな内装に仕上げた。

ヒビヤ フード ホール(HIBIYA FOOD HALL)

1から3階ではファッション・ライフスタイルゾーンを展開。1階にはラグジュアリーコスメのセレクトショップ「イセタン ミラー メイク&コスメティクス」の過去最大規模の大型店が登場。トヨタ自動車が手掛けるレクサスの体験型施設「レクサス ミーツ(LEXUS MEETS…)」は、ブティック&ギャラリー「STEER AND RING」、コンセプトカフェ「THE SPINDLE」、さらに車両展示スペースを併設し、気軽に楽しめる試乗体験プログラム「TOUCH AND DRIVE」を提供する。また3階にオープンしたクリエイティブディレクター南貴之と老舗書店「有隣堂」とのアーケード型複合ショップ「ヒビヤ セントラル マーケット(HIBIYA CENTRAL MARKET)」は、館内でもひときわ存在感を放つ。広い空間に7つの異なるショップが集結し、これまでにないマーケットのような場所として幅広い客層を取り込む。

レクサス ミーツ(LEXUS MEETS…)

ヒビヤ セントラル マーケット(HIBIYA CENTRAL MARKET)
4、5階は、11スクリーン約2200席の「TOHOシネマズ日比谷」が入居。隣接する東京宝塚ビル内の2スクリーンを加えることで、都心最大級のシネマコンプレックスが誕生した。また6階は、新産業創出を支援するビジネス連携拠点「BASE Q」を開設。BASE Qに集う人々の交流促進・ワークプレイスの提供となる「Q CAFE by Royal Garden Cafe」、食を起点とした交流・発信スペース「Q KITCHEN」、展示等多目的に利用可能な「Q STUDIO」、会員制コミュニティスペース「Q LOUNGE」、最先端の情報発信スペース「Q HALL」で構成する。

Q CAFE by Royal Garden Cafe
――豊富な店舗をそろえたグルメゾーンについてを見る。

――アーケード型複合ショップ「ヒビヤ セントラル マーケット」についてを見る。

関連記事(外部サイト)