滋賀の涼を感じる展覧会が白金OFSで開催! 手作りの木製ホーンスピーカーの音色とガラス作品を楽しむ

滋賀の涼を感じる展覧会が白金OFSで開催! 手作りの木製ホーンスピーカーの音色とガラス作品を楽しむ

記事画像

東京・白金にあるアワ フェイバリット ショップ(OUR FAVOURITE SHOP)内にあるOFS galleryでは、「around Lake Biwa vol.3 奏でる」を、7月21日から8月12日まで開催。7月22日には喫茶と日本酒が楽しめるイベントも実施する。


「around Lake Biwa」は、滋賀の営みを“動詞”でくくり、その魅力を紹介していく企画展。3回目となる本展は、「奏でる」と題し、生活に豊かさを添える「音」を2つのシーンで紹介する。滋賀県・彦根市で、「音楽の体温を伝える」をテーマに、音楽を愛する人のための道具としてのオーディオづくりを志し、楽器のような木製ホーンスピーカーを、全ての行程を手づくりで製作するクラフトオーディオメーカー「HORA AUDIO」と、滋賀県・高島市にアトリエ&ギャラリー「琴線」を設立し、吹きガラスでベースを作り、表面を削ったり、磨いたり、模様をつけたりして多彩なガラス表現で独自の作品を制作するガラス作家・時澤真美による、それぞれ異なった視点での「奏でる」を感じることができる。

7月22日の12時から18時には、「喫茶 モノキコフ」と題し、HORA AUDIOの自然で生き生きとした音が特徴的なスピーカー「MONO」から流れる音楽を聴きながら、近江のお茶と和菓子を「KIKOF」の器で楽しむ、滋賀づくしの一日喫茶を開催。「夏を奏でる」をテーマに選曲したレコードや、持ち込み音源に身を委ね、琵琶湖に吹く風のような涼しげなひと時が楽しめる。予約不要、30名限定。
また、18時から20時までは、「酒処 ノモキコフ」と趣を変え、舞台やテレビ番組、映画など幅広い分野で作曲を手がける作曲家・阿部海太郎がセレクトした音楽と、「KIKOF」の徳利とお猪口で、滋賀の地酒・七本槍と滋賀の名産が楽しめる。

【展覧会情報】
around Lake Biwa vol.3 奏でる
会期:7月21日〜8月12日
会場:OFS gallery
住所:東京都港区白金5-12-21?OUR FAVOURITE SHOP内
時間:12:00〜19:00(ただし最終日の8月12日は17:00まで)
休館日:月曜日、火曜日(祝日を除く)

関連記事(外部サイト)