中目黒駅高架下に新商業施設が22日オープン!蔦屋書店やMHL、スマイルズの新業態など全28ショップ

中目黒駅高架下に新商業施設が22日オープン!蔦屋書店やMHL、スマイルズの新業態など全28ショップ

東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下に11月、新商業施設「中目黒高架下」がオープン

東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下に11月22日、新商業施設「中目黒高架下」がオープン。個性豊かな全28テナントが発表された。

内覧会レポートでは全貌が明らかに!

同施設は、中目黒駅周辺の高架下空間を約700mに渡って線状に開発する「中目黒高架下開発計画」によって誕生したもの。目黒川から祐天寺方面までの空間に店舗や事務所など全28テナントが展開される。“ルーフ・シェアリング(Roof Sharing)”をデザインコンセプトに、各店舗が各々の外装デザインで空間を演出する他、目黒沿いに店舗用のテラススペースを設けることで、人や街に開かれた空間を創造する。また、ロゴでは施設の特徴である6本の高架橋脚を表現し、そこに「中目黒高架下」の6文字がオリジナルの書体であしらわれた。

全28テナントのうち14店舗は新業態となっており、そのうち原宿餃子樓 ハノイの風では、アジアン風にこだわり、生春巻きやパクチー餃子などのメニューを展開。スマイルズの新業態である窯焼き料理とワインの専門店・パビリオン(PAVILION)では、著名なアーティストによる巨大な作品群が佇む異空間で、希少肉の窯焼き料理や、まるで作品のような料理を楽しむことができる。

また、トランジットジェネラルオフィスから、グルメタウン博多で大ブームの“うどん居酒屋”の代表格である二◯加屋長介も関東初出店。80種のおつまみとともにお酒を飲んだ後には、〆としてコシのある手打ちうどんが楽しめる。さらに、マーガレット・ハウエル(Margaret Howell)のカジュアルラインであるエムエイチエル(MHL)は、ウィメンズウエアを中心に雑貨も取りそろえる新店舗を出店。待ち合わせ場所としても、合間の休憩場所としても使える中目黒蔦屋書店もオープンする。

その他のラインアップは、グッド・バーベキュー、スープストックトーキョー、ロンカフェ スタンド ナカメグロ、青山フラワーマーケット、ザ シティ ベーカリー、ヴィノスやまざき、井上チンパンジー、らんまん食堂、鶏だしおでん さもん、アサドール・デル・プラド、カルド ナカメグロ、鉄板焼き 芯 立ち呑みや、寿司の磯松、治郎丸、ノドグロヤ カキエモン、つけ麺や 武双、炉端のぬる燗 佐藤、原トリッパ製造所、中目黒伍燗 ギャラリー亀八堂、おばんざいソウル小町、ナガメ ギャラリー ストリートなど。

関連記事(外部サイト)