イーストロンドンでヴィンテージショップ巡り!異国情緒漂うブリックレーンを歩く【Our Favorite LONDON vol.1】

イーストロンドンでヴィンテージショップ巡り!異国情緒漂うブリックレーンを歩く【Our Favorite LONDON vol.1】

アブソリュート ヴィンテージ(Absolute Vintage)Photo by Jun Igarashi (c) FASHION HEADLINE

トレンディなショップや飲食店が次々とオープンし、ここ10年ほどで大きく姿を変えたイーストロンドン。そんな中で、下町の面影を残す通りがブリックレーン(Brick Lane)です。元々、バングラデシュからの移民が多く住んでいた土地で、一帯にはカレー屋が軒を連ね、今もなお、ストリートの標識は英語の下にベンガル語が書かれています。

そんな異国情緒漂うエリアですが、周辺には良質なヴィンテージショップがあることでも知られています。定番の人気店、近年オープンした大型店、名店が並ぶチェシャーストリート(Cheshire Street)にフォーカスを当てながら、ブリックレーン界隈のヴィンテージ事情をご紹介しましょう。

■アブソリュート ヴィンテージ(Absolute Vintage)



ポートベローマーケットのストールとして創業。2003年に、スピタルフィールズマーケットのそばにショップをオープンさせました。元は倉庫だったという広々としたスペースに、メンズ、レディースの膨大なアイテムが陳列されています。特にレディースのブーツとパンプスの数は圧巻。スタイルのテイストはバラエティ豊かでプライスも手頃なものが多く、幅広い年代から愛されているお店です。



【アブソリュート ヴィンテージ】
住所:15 Hanbury Street E1 6QR
URL:http://www.absolutevintage.co.uk/

■ブロンディ(Blondie)



アブソリュート ヴィンテージのすぐそばにある姉妹店です。こちらでは、ハンドピックでセレクトされた、ハイクオリティなレディースアイテムが展開されています。上品な佇まいのヨーロピアンチックなドレスや小物も充実の品揃え。日本の着物も人気アイテムなんだとか。ロンドンっ子は、ジャケットやカーディガンのようにして着物でお洒落を楽しんでいるようです。



【ブロンディ】
住所:Unit 2, 114-118 Commercial Street, London E1 6NF
URL:http://www.absolutevintage.co.uk/

■ブリッツ ロンドン(BLITZ LONDON)



2011年にオープンした大型店。バラエティに富んだセレクションと状態の良いアイテムを取り揃えていることで、瞬く間にロンドン随一の人気ヴィンテージショップに。2フロアある店内にはカフェを併設し、ゆったりとショッピングが楽しめます。メンズ、レディースをおおよそ半々で展開し、デッドストックの品数も豊富。オリジナルのリメイクラインもラインナップしています。



【ブリッツ ロンドン】
住所:55-59 Hanbury Street, E1 5JP
URL:http://www.blitzlondon.co.uk/

■ビヨンド レトロ ブリックレーン(BEYOND RETRO BRICK LANE)



市内にいくつか店舗を構えるショップの本店。2002年のオープン以来、不動の人気を誇るイーストロンドンヴィンテージ界の雄とも言うべき存在です。古くは乳業工場だった広大なスペースにメンズ、レディース、キッズ古着が所狭しと並びます。Tシャツ5ポンド〜、ドレス10ポンド〜とプライスも手頃。アウトレットセクションもあるので要チェックです。



【ビヨンド レトロ ブリックレーン】
住所:110-112 Cheshire Street, E2 6EJ
URL:http://www.beyondretro.com/

イーストロンドンでヴィンテージショップ巡り!プロも通う名店をチェック【Our Favorite LONDON vol.2】へ

ロンドンの若きガーデナー兄弟が語るランドスケープデザイン【Our Favorite LONDON vol.3】へ

ロンドンの美味しいスイーツ事情。ビスポークケーキの生みの親リリー・ジョーンズ【Our Favorite Londo vol.4】へ

関連記事(外部サイト)