軽井沢の自然の中で“手紙”をしたためる。文具店カキモリによる「珈琲と、書きもの」イベント

軽井沢の自然の中で“手紙”をしたためる。文具店カキモリによる「珈琲と、書きもの」イベント

軽井沢・星野エリアのハルニレテラス内にある丸山珈琲にて東京・蔵前のカキモリによるポップアップイベント「珈琲と、書きもの」が開催

軽井沢・星野エリアのハルニレテラス内にある丸山珈琲にて9月30日から10月7日まで、東京・蔵前のカキモリによるポップアップイベント「珈琲と、書きもの」が開催される。

同イベントでは、カキモリによるオーダーメイドで製作するノートや、ハルニレテラスで出会った軽井沢の景色をイメージした5色の万年筆のインク(1,620円〜)などを販売。オーダーノート(1,260円〜)は、約30種類の表紙と約15種類の中紙からリング、留め具までを自由に選び、ひとつひとつ手作りで自分だけのノートを作ることができる。

また、紙にゆっくりとインクが浸透する便箋も販売。便箋を購入した丸山珈琲の喫茶利用者には、ペンとインクの無料貸し出しも行い、席で手紙をしたためることもできる。万年筆、ローラーボール、ガラスペンなどの表情のある線が書ける様々な筆記具(1,728円〜)も販売される予定だ。

紅葉前の静かな仲秋の軽井沢で心を休め、コーヒーの香りを感じながら“想い”を書き出してみるのもいいだろう。

関連記事(外部サイト)