舘鼻則孝とパレスホテル東京がコラボ!秋の夜長を味覚で愉しむスイーツ&カクテル

舘鼻則孝とパレスホテル東京がコラボ!秋の夜長を味覚で愉しむスイーツ&カクテル

パレスホテル東京では舘鼻則孝とのコラボレーションによるメニューを期間限定で提供

パレスホテル東京では10月10日から31日まで、日本の伝統美を世界に向けて革新的に発信し続けるアーティストの舘鼻則孝とのコラボレーションによるメニューを期間限定で提供する。

ブランドコンセプトに「美しい国の、美しい一日がある。」と掲げるパレスホテル東京と、日本が古来から培ってきた精神に重きを置いて作品制作を行うアーティストの舘鼻則孝。本コラボレーションは、そんな双方の思想が共鳴し実現することとなった。コラボレーションメニューのテーマは、“静かな秋の夜長になかなか登らない月を横になって待つ”という意味合いを持つ、陰暦十九日の月の呼び名「寝待月―MOONRISE―」。

ロビーラウンジのザ パレス ラウンジでは、夜空に昇る儚く美しい月をイメージしたスイーツやセイボリーを三段重に詰めた「アフタヌーンティー 〜MOONRISE〜」(4,800円)を用意。2段目の「光のお重」では、豊かな色彩のスイーツを薄墨色のサブレで覆うことで輝く月の光を表現。3段目の「影のお重」では薄いダークチョコレートにナイトブルーのざらめを合わせることで、群青の夜空に浮かぶ儚げな月のシルエットが表された。また、第1段目にはクロワッサンサンドウィッチやサーモンの手毬寿司といったメニューが詰められている。

また、ザ パレス ラウンジ及びロイヤル バーでは、秋の夜に昇る月を愛でる「寝待月」をイメージした巨峰カクテル「カクテル 〜MOONRISE〜」(2,000円)を用意。ふくよかな優しい味わいの巨峰リキュールにアールグレイリキュールで深みを加え、レモンジュースとジンジャービアを合わせることで爽やかな酸味のあるアーティスティックなカクテルを作り上げた。

関連記事(外部サイト)