昭和30年から50年の記録がスクリーンで蘇る。記憶の“穴”に着目した8ミリフィルム鑑賞会

昭和30年から50年の記録がスクリーンで蘇る。記憶の“穴”に着目した8ミリフィルム鑑賞会

「消え行く玉電」(8 ミリフィルムをデジタル化し、その1コマをキャプチャー / 1969年 | 昭和44年)

世田谷の町並みや暮らしぶりが記録された8ミリフィルムを愉しむ「穴アーカイブ 8ミリフィルム鑑賞会 vol.2 穴からみえる、ひと、くらし、世田谷」が、10月30日の14時から15時30分まで東京・三軒茶屋の生活工房 4階にて開催される。

「穴アーカイブ」は、記憶の“穴”にフォーカスしたアーカイブプロジェクト。実際の映像の他に、映像をきっかけに思い出した当時の記憶や思い浮かんだ出来事など、映像に記録されていない物語や出来事も集めている。

今年度は4月から8月にかけて8ミリフィルムの提供を呼びかけ、世田谷区内を中心に16名から約150巻を集めることができた。今回はその一部をデジタル化し、鑑賞会を実施。昭和30年代の井の頭自然文化園や、昭和36年の向ヶ丘遊園のウォーターシュート、世田谷観音での節分など、当時の町並みや暮らしを記録した映像の数々が上映される。また、当日は企画制作・remoのスタッフが中心となってファシリテーターを務め、フィルム提供者や来場者に当時の記憶や想像した事柄を聞きながら鑑賞していく。誰かの記憶が他の誰かの記憶になる、そんな温かいひとときを愉しめるイベントとなっている。

【イベント情報】
「穴アーカイブ 8ミリフィルム鑑賞会 vol.2 穴からみえる、ひと、くらし、世田谷」
会場:生活工房 4階
住所:東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
会期:10月30日
時間:14:00〜15:30
入場無料

関連記事(外部サイト)