ベルギー発のベーカリーレストラン。ブレックファスト、ブランチに加えて世界初のディナーメニューが登場

ベルギー発のベーカリーレストラン。ブレックファスト、ブランチに加えて世界初のディナーメニューが登場

熟成USプライムビーフリブステーキ300g(6,790円)

ベルギー発祥のベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン(Le Pain Quotidien)」が6月1日、東京・六本木の東京ミッドタウン・ウエスト プラザ1階に日本旗艦店をオープンする。

同店では従来のブレックファスト、ブランチメニューに加えて世界250店舗を展開する同レストランの中でも初となるディナーメニューを用意。「37 Steakhouse & Bar」や「37 QUALITY MEATS」といった肉料理専門店を手がけるスティルフーズ監修の上質なグリルメニューや、BIOワイン、オーガニックのオリジナルカクテルを充実させるなど、これまでのル・パン・コティディアンにはないフードペアリングが楽しめる。

ブレックファストメニューにはエッグベネディクト(1ピース、990円/2ピース、1,490円)、シュリンプ &アボカドタルティーヌ(1,390円)、スモークサーモンオムレツ(1,090円)などが、ブランチセットメニューにはブッチャーズブランチやサーフ&ターフブランチ(コーヒーまたは紅茶・オレンジジュースつき/各2,190円)などが、ディナーメニューには熟成USプライムビーフリブステーキ300g(6,790円)、岩手県産奥州いわい鶏のスパイシーグリル(2,390円)、オージーガーリックラムチョップ 香草ソース(2ピース、2,690円、1ピース追加は1,000円)、オーロラサーモンと大海老のグリル(2,490円)などが登場する。

なお、店舗席数は店内が80席、屋外テラス席が32席で、営業時間は7時30分から23時(ラストオーダーは22時)までとなっている。

関連記事(外部サイト)