横浜みなとみらいの大さん橋に、ベイブリッジや海を一望できるバーガーカフェ「ブルーターミナル」がオープン

横浜みなとみらいの大さん橋に、ベイブリッジや海を一望できるバーガーカフェ「ブルーターミナル」がオープン

blue terminal burger(1,480円)

横浜・みなとみらい地区の横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階に5月26日、グルメバーガーカフェ「cafe & dining ブルーターミナル(blue terminal)」がオープンする。

横浜エリア屈指のロケーションを誇る大さん橋で、横浜ベイブリッジや山下公園、マリンタワーが一望できる同店。地元の食材をシンプルに調理する“コンフォートフード”をコンセプトに、モーニングからディナーまでの様々なシーンで楽しむことができる。

フードメニューは、特注のバンズに柔らかな豚肉を豪快に挟んだイチオシメニュー「blue terminal burger」(1,480円)、味噌やきんぴらといった日本食材をアレンジした「和 burger」(1,380円)、肉を一切使用せず、野菜に特化した「vegetarian burger」(1,280円)、そして「ダブルチーズ burger」(1,480円)の4種のバーガーに加え、「フムス&フラットブレッド」(680円)、「三浦野菜のトマトソースパスタ」(1,280円)、「エスニックキーマカレー」(1,180円)、「ブレックファストパンケーキ」(1,380円)などが登場する。

また、併設されたコーヒースタンドでは、海外からの評価も高いコーヒーロースター「ONIBUS COFFEE」の厳選した豆を使用。エスプレッソ、あるいはハンドドリップの2種類から抽出方法を選択できる。加えて、無農薬有機栽培の緑茶ブランド「NAKAMURA TEA LIFE STORE」から、煎茶やほうじ茶、自家製ハーブレモネード、横浜ビールもラインアップ。クロワッサンやマフィンも提供される他、テイクアウトして芝生の屋上で楽しむこともできる。

さらに、オープン初日には先着300名限定で「blue terminal burger」を無料で提供する「フリーハンバーガーDAY」を実施。当日9時から整理券を配布し、1人1個を店内で提供する。ハンバーガーがなくなり次第、コーヒーが無料提供される。なお、初日のみ11時開店となる。

関連記事(外部サイト)