スターバックス、フラグメントデザインによる新作グッズ2シリーズ。東信のAMKKとのトリプルコラボも

スターバックス、フラグメントデザインによる新作グッズ2シリーズ。東信のAMKKとのトリプルコラボも

スターバックスとフラグメントデザインの2シリーズが登場

スターバックス コーヒー ジャパンが6月7日、フラグメントデザイン(Fragment Design)によるコラボレーショングッズの新作2シリーズの販売を開始する。

藤原ヒロシが主宰するデザインプロジェクトであるフラグメントデザイン。6月7日に発売する第一弾シリーズは、「スリムハンディーステンレスボトルフラグメント 400mL」(4,400円)、「ステンレスハンドル付きマグフラグメント 237mL」(2,300円)、「ミニ スターバックス カード ソリッドグレー」(1,000円以上の入金で発行可能)の3アイテム。いずれもグレー一色のシンプルなボディにフラグメントデザインとスターバックスそれぞれのロゴをブラックで配置した無駄のないミニマルなデザインで仕上げられた。また、ステンレスハンドル付きのマグは、飲むときの口当たりが良いよう、薄く焼き上げた磁器製のマグカップを採用した。

また、6月23日にはスターバックス、フラグメントデザインに加え、フラワーアーティストの東信が率いるクリエイション集団である「AMKK」とのトリプルコラボレーションシリーズで第二弾を展開する。AMKKによる作品を藤原ヒロシ監修のもとにグラフィック化した「ハンディーステンレスボトルフラグメント×AMKK500mL」(4,900円)、「マグフラグメント×AMKK325mL」(2,000円)、「ミニ スターバックス カード ボタニカルアート」(1,000円以上の入金で発行可能)の3アイテム。全面黒のボディにビビッドなカラーリングの植物のグラフィックとのコントラストがオリジナリティに富んだシリーズとなっている。

なお、第一弾、第二弾ともに数量限定、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)およびスターバックス オンライン ストア(ミニ スターバックス カードは店舗のみの取り扱い)での取り扱いとなっている。

関連記事(外部サイト)