燕三条発・家事問屋の暮らしの道具が高円寺cotogotoに勢ぞろい、“ありきたり、なのに使いやすい”

燕三条発・家事問屋の暮らしの道具が高円寺cotogotoに勢ぞろい、“ありきたり、なのに使いやすい”

家事問屋展がコトゴトで開催

東京・高円寺にある日本の手仕事・暮らしの道具店コトゴト(cotogoto)では6月23日から7月4日まで、新潟・燕三条エリアの家事道具がそろう「家事問屋展」が開催される。

2015年に誕生した家事問屋、燕三条エリアのメーカーを束ねる産地問屋・下村企販株式会社の家事道具ブランド。使い手の意見に寄り添った、「ありきたりなのに、使いやすい」道具を生み出してきた。

同展では、大きすぎず小さすぎず、用途に合わせたこだわりの詰まった「ボール」や、一つの鍋で二つの食材を茹でられる「茹で分けザル」、1杯分のコーヒーを淹れられる「ワンドリップポット」など、全71種類のアイテムを販売する。全種類のアイテムが店頭に並ぶのは初めてのことで、さらに発売前の新商品の展示も行われる。期間中は実際の製造過程の商品も展示し、より道具に愛着をもてる、貴重な機会となっている。

【イベント情報】
「家事問屋展」
会場:cotogoto
会期:6月23日〜7月4日
住所:東京都杉並区高円寺南4-27-17 2階
時間:11:00〜20:00

関連記事(外部サイト)