中目黒高架下のレストラン「パビリオン」にクリスマス限定コース登場。美術館で作品を観覧するように料理を堪能

中目黒高架下のレストラン「パビリオン」にクリスマス限定コース登場。美術館で作品を観覧するように料理を堪能

記事画像

中目黒高架下のレストラン「パピリオン」に、12月22日から25日の4日間、クリスマス限定コースが登場する。


名和晃平や西野達、サカナクション山口一郎による作品や、その他さまざまなアーティストの作品を展示・設置しているパビリオンは、美術館でもなくギャラリーでもなく、「肩肘張らずに、おいしい料理とお酒を楽しむようにアートをもっと気軽に楽しんでほしい」という思いを持つレストラン。今年のクリスマスは、パビリオンのコンセプト「すべての食卓を作品に、最愛なる晩餐を。」をより色濃く表現した限定コースを用意する。ふるまわれるのは、パリビオンの料理人が既存のアートから妄想して生み出したコース料理。


上は、「ポップアートを崩せるか」と題されたアペタイザー。色鮮やかな魚介がグラフィカルに配置された一皿は、素材の味を最大限に引き出したタルタルを色々な組み合わせで食べる事で、相乗効果が生まれる。最高のバランスを自分の舌で見つける楽しみも。



「雨の大橋の対岸」と名付けられた骨に大胆に盛られた黒毛和牛のサーロインステーキと内もも肉のタルタル。マスタードをアクセントに加えた安納芋のピュレと、新潟の神楽南蛮味噌を隠し味にした赤ワインソースは相性抜群。桜のウッドで、瞬間燻製にすることで、口の中で香りと脂が溶け合う。コース内容は、シャンパン、アミューズ、冷前菜、温前菜、魚料理、肉料理、デザートの全7品。予約は、サイト(https://yoyaku.toreta.in/pavilion/#/)より。

【イベント情報】
PAVILION クリスマス限定コース
会期:12月22日〜25日
時間:各日17:30〜、 20:00〜
料金: 一名1万2,000円

続きを読む

関連記事(外部サイト)