オム プリッセ イッセイ ミヤケ、土偶の芸術性から縄文時代のスピリットを紐解く【2018春夏メンズ】

オム プリッセ イッセイ ミヤケ、土偶の芸術性から縄文時代のスピリットを紐解く【2018春夏メンズ】

記事画像


オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISS? ISSEY MIYAKE)が2018年春夏コレクションを発表。12月より順次、デリバリーを開始する。

先シーズンに引き続き、焦点は日本の縄文時代。様々な形や表情を持つ「土偶」に見られる芸術性にインスピレーションを得て、繊細な点描で描いた「遮光器土偶」や「ミミズク土偶」を鮮やかな色彩に乗せ、現代的な“柄”として表現。古代のモチーフとブランドらしいスポーティーな要素をミックスした全24ルックが提案された。

ジャケットやシャツ、サルエルパンツに描かれた土偶は、黄色やピンクの差し色によって、ポップアートのようにモダンで軽快な表情へと昇華。プレーンな無地のワンボタンジャケットやTシャツも、独特の膨らんだ形状から、どことなく土偶のフォルムを想起させるものがある。麻特有の粗野な素材感が特徴のラスティックリネンは、ミドルコートやハーフパンツ、ボリュームのあるロングパンツに採用され、裾をフリンジ状にした大胆なデザインとなっている。さらに、麻ポリエステル交織素材をホールガーメントで編み立てたスクエアニットや、綿麻素材のジャージーをカットオフで仕立てたTシャツなど、遠い昔の日常着を思わせる素朴でありながらも荒々しさのあるアイテムがスタイリングを引き立てている。

バッグコレクションでは、従来のシンプルなデザインのプリーツバッグに加え、スポーティーなバックパック「PLEATS DAYPACK」とスリムなエンベロープ型の「PLEATS FLAT BAG」が新たに登場。「PLEATS FLAT BAG」は、ボディバッグとリュックタイプの2種がラインアップ。リュックタイプは無地に加え、ジャガード織りによる矢じり柄も展開される予定。

なお、ブランドの公式ウェブサイトでは、2018年春夏コレクションの特設サイト(isseymiyake.com/hommeplisse/)が開設され、イメージムービーや各アイテムのディテールなどを公開中。また、公式Instagramアカウント(@hommeplisse_isseymiyake)でもルックを始め、随時更新される最新情報をチェックすることができる。

続きを読む

関連記事(外部サイト)