夏の手土産に。四季感じるヒガシヤの「ひと口果子」が七夕よりリニューアル

夏の手土産に。四季感じるヒガシヤの「ひと口果子」が七夕よりリニューアル

「ひと口果子 真」(1,800円)

ヒガシヤ(HIGASHIYA)の「ひと口果子」のラインアップが、7月7日から新しくなって登場する。

ひとつひとつに日本の伝統色の名前をつけ、さまざまな素材をそれぞれ異なる餡で包み込み、丁寧に作られる同シリーズ。2003年の創業当時より販売している「棗バター」、「鳥の子」、「紫根」、「深支子」、「路考茶」、「桧枝」の定番6種を詰めたセットが「ひと口果子 真」(1,800円)と新たな名に。

さらに、「柑子」、「萌葱」、「濃紫」の定番3種とともに二十四節気ごとの「節気ひと口果子」3個を楽しめる「ひと口果子 行」(1,800円)が新登場。 7月7日からは、白餡と八角を使用した「淡香」、7月21日からは焙じ茶餡に甘夏を合わせた「媚茶」、8月7日からは胡桃餡と黒胡麻餡の「胡桃」など、約2週間ごとにその時季ならではの美味しさを味わえる。

なお、取り扱いはHIGASHIYA GINZA、HIGASHIYA man及び、オンラインショップにて。

関連記事(外部サイト)