Bean to Barチョコを使った期間限定チョコレートスタンドが表参道に、代官山には旗艦店もオープン

Bean to Barチョコを使った期間限定チョコレートスタンドが表参道に、代官山には旗艦店もオープン

記事画像

Bean to Bar チョコレートをアレンジしたチョコレートスタンド「ハイ カカオ チョコレートスタンド(HI-CACAO CHOCOLATE STAND)」が誕生。

表参道交差点前にある「表参道キオスク」にて2018年1月18日から2月4日の期間限定で、2月8日からは旗艦店となる「代官山店」がオープンする。


素材となるBean to Bar チョコレートは、Bean to Bar ブームの火付け役であるサンフランシスコ発祥の「ダンデライオン・チョコレート」をサプライヤーとして迎え、手作業で丁寧に作られたシングルオリジンチョコレートの中から、メニューに合わせて使用するカカオの産地を選定。食感や温度の差、甘さと塩味の掛けあわせなど、思わずやみつきになるようなチョコレートスイーツがラインアップする。

「バタースコッチカカオサンド(テイクアウト)」(380円〜)
表参道キオスク、代官山店で展開するのは、テイクアウト用の「フォンダンショコラ」(冷凍6個入/2,700円)と、「バタースコッチカカオサンド(プレーン/ベリー)」(380円〜)の他、カヌレ型をした一口サイズのフォンダンショコラ「チョコカヌレフォンダン(オリジナル/マンゴー&パッション/ラズベリー/チャイ/ライム)」(180円)、ナッツ系の香りが特徴のエクアドル産チョコレートとスパイスをバンズ生地に加え、外はサクサク中はしっとりの食感が楽しめる「カカオシナモンバンズ(プレーン、オレンジ)」(220円〜)、「ホットチョコレート(ショット)」(350円)、「ホットチョコレートチャイ(レギュラー)」(470円)など。

「フォンダンショコラ(イートイン)」(450円)
代官山店では、イートイン用の「フォンダンショコラ(オリジナル/マンゴー/フランボワーズ)」(450円)と、「バタースコッチカカオサンド(プレーン/ベリー)」(800円)に加え、「ブラウニー(クリームチーズ&オレンジ/バタースコッチ&アーモンド/ざくろ&マスカルポーネ/アプリコット&ガナッシュ)」(180円〜)、「カカオソフトクリーム」(600円)、「チョコレートスプレッド」(380円〜)、「ロッキーロード」(250円〜)などを販売する。

【店舗情報】
HI-CACAO CHOCOLATA STAND 表参道KIOSK(期間限定オープン)
会期:2018年1月18日〜2月4日
住所:東京都港区北青山3-5-25 1F
営業時間 :11:00〜20:00(L.O. 19:30)
不定休

HI-CACAO CHOCOLATA STAND 代官山店
オープン日:2018年2月8日
住所:東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山&NEXT 1F
営業時間:11:00〜20:00(L.O.19:30)
不定休

続きを読む

関連記事(外部サイト)