予約困難なフレンチ・シンシアのシェフがメニューに参戦!進化形ビストロ「ザ フラワーテーブル」の新店が名古屋へ

予約困難なフレンチ・シンシアのシェフがメニューに参戦!進化形ビストロ「ザ フラワーテーブル」の新店が名古屋へ

進化形ビストロカフェ「ザ フラワーテーブル」が名古屋栄三越にオープン

トランジットジェネラルオフィスが手がける進化形ビストロカフェ「ザ フラワーテーブル(THE FLOWER TABLE)」が、9月2日にフロアをリニューアルする名古屋栄三越3階にオープンする。

フードメニューは、東京で予約が取れないほど人気のフレンチ・シンシア(sincere)のシェフ石井真介が監修。シンシアのシグネチャーメニューである魚をパイ包みにした“たい焼き”をアレンジした「“たい焼き”と彩り野菜、海の幸のガーデンプレート」(税込1,550円)をはじめ、名古屋で人気のシャルムベーカリー ポンシェのゴールド食パンを使用した「黒豚ミートローフと野菜のミルフィーユサンドウィッチ」(税込1,450円)、牛肉の赤ワイン煮込みをパスタにアレンジした「牛ほほ肉の赤ワイン煮込みのタリアテッレ」(税込1,180円)などが登場する。

また、スイーツには、遊び心が散りばめられた「AFTERNOON TEA PLATE“NATURE”」(1人前/税込1,980円)や、ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERME PARIS)とコラボレーションした「PIERRE HERME PARIS COLLABORATION BOX」(税込2,600円※10月より発売)、フランスの伝統デザートをアレンジした「バラ香るパフェ ピーチメルバ」(1,080円)も。

ドリンクには、名古屋の老舗ロースター・ゴルピー コーヒー(GOLPIE COFFEE)のオリジナルのエスプレッソブレンドを使用したコーヒーや、フランスのプレミアムティーブランドである「クスミティ(Kusmi Tea)」のフレーバーティー、フローラルウォーターとハーブを使用したオリジナルドリンク、グルメフロートなど、豊富なラインアップで展開。

ジャモアソシエイツ(Jamo associates)がインテリアデザインを手がけた店内は、カジュアルで開放的なイメージ。また、クラシックでモダンなテイストの店内はグリーンの大理石を使用したテーブルをポイントに、エナメル(enamel.)がデザインを手掛けたボタニカルテキスタイル、名古屋のフラワー ノリタケ(Flower Noritake)によるフラワーコーディネートも心地よい空間を演出している。

関連記事(外部サイト)