世界の朝食レストラン、2月と3月はヨーロッパの中央に位置する国「ポーランドの朝ごはん」

世界の朝食レストラン、2月と3月はヨーロッパの中央に位置する国「ポーランドの朝ごはん」

記事画像

“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプトの東京・外苑前にあるカフェレストラン、ワールド・ブレックファスト・オールデイ(WORLD BREAKFAST ALLDAY)に、2月6日から4月1日まで「ポーランドの朝ごはん」(1,500円)が登場。

「ポーランドの朝ごはん」(1,500円)
ポーランドはHeart of Europeといわれ、地理的にも文化的にも東西ヨーロッパの懸け橋となっているヨーロッパの中央に位置する国。ポーランドの料理はロシアやイタリア、フランスは言うまでもなく、エキゾチックなモンゴル、アルメニア、リトアニア、コサック、ハンガリー、ユダヤ料理からの影響を受けてきた。

りんごの生産がヨーロッパで一番のポーランドでは、そのまま食べることはもちろん、デザートや料理にもたくさんりんごを使う。朝ごはんも、りんごが入った「ラツーシュキ」というパンケーキが定番。また、ポーランドでは主食といえるほど食べられているじゃがいもと小麦粉で作る「プラツキ」というパンケーキも朝ごはんとしてよく食べられている。

「ポーランドの朝ごはん」にはその他にも、ラディッシュとネギの入った白チーズの「トゥファルグ」や、ポーリッシュソーセージの「キエウバサ」、トマトなどが入ったスクランブルエッグといったメニューがワンプレートに。


期間中はポーランドらしい「穀物コーヒー」、果物を砂糖で煮出した「コンポート」といったドリンク、りんごを使った「シャルロトカ」、チーズケーキの「セルニック」といったデザート、「ジュレック」というスープや「ピエロギ」といったサイドメニューなども提供。

またポーランドに関するイベントも開催予定。詳細はホームページ(http://world-breakfast-allday.com)にて。

【店舗情報】
ワールド・ブレックファスト・オールデイ(WORLD BREAKFAST ALLDAY)
住所:東京都渋谷区神宮前 3-1-23-1F
営業時間:7:30〜20:00(L.O19:30)
不定休

続きを読む

関連記事(外部サイト)