イッセイ ミヤケ、秘める内なる強さ。雪解けを待つ春の息吹のように【2018-19秋冬ウィメンズ】

イッセイ ミヤケ、秘める内なる強さ。雪解けを待つ春の息吹のように【2018-19秋冬ウィメンズ】

記事画像

宮前義之によるイッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)が、パリのパレ・ド・トーキョー(Palais de Tokyo)を会場に2018-19年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。

タイトルは「Silent Energy」で、白のシリーズでスタートし、茶、そして明るい色合いへ変化させながら、冬から春へと季節の移り変わりを詩的に表現。今シーズンは、太番手の毛糸を織り込むことでニットのような風合いを出したスチームストレッチ素材でコレクション全体を構成し、1つのテクニックによる素材に徹しながらも、表情豊かなグラデーションで見せていた。

フェイクファーをあしらった白のシリーズは、そのボリューム感で暖かさを強調。茶と黒のシリーズは、自然の土からインスパイア。それぞれ、そのままニットとして編むと重くなってしまうウールを、スチームストレッチのテクニックを使うことで軽量化に成功させている。

最後のシリーズは、太番手の毛糸を織り込んだ薄地の素材を用いたもので、春の訪れ=明るさを感じさせるオプティミスティックな作品。

ニットとプリーツの2つの要素を兼ね備えた素材によって、自然になぞらえたストーリーを見事に表現した美しいコレクションとなった。

続きを読む

関連記事(外部サイト)