“ゴミ屋敷”状態の実家は売りたくても残置物処分が高くつく【街の不動産屋 よもやま話】

“ゴミ屋敷”状態の実家は売りたくても残置物処分が高くつく【街の不動産屋 よもやま話】

写真はイメージ

【街の不動産屋 よもやま話】

 空き家が目立っています。「7軒に1軒が空き家」といわれる時代ですから、どなたも避けて通れない問題だと思います。

 弊社にも、空き家の売買の話が持ち込まれます。

「実家を処分してほしい」と相談にやってきたのは同じ町内会に住む村瀬さん。実家は隣の区にあり、両親が暮らしていましたが、父親が5年前に亡くなり、施設に入っていた母親も2年前に亡くなったので、そろそろ実家を処分したいとの話です。

 さっそく現地検分をしました。村瀬さんの実家は築40年以上の木造2階建て。だれも住んでいないので、かなり傷んでいました。鍵を預かっていたので、室内も見ましたが、ビックリです。ほとんどゴミ屋敷状態。村瀬さんも一度は片付けようと段ボールに仕分けしたそうですが、企業の役員という多忙な身。お手上げとなり、結局、貴重品だけを持ち出し、あとはほったらかし状態が続いているそうです。

 通常、不動産を売却する場合は、建物を解体し、引き渡しは更地渡しが基本です。万一、建物を現況のまま売却するとしても、家具や電化製品、生活用品類は売り主で処分するのが基本です。その処分ができない場合は、残置物の処分代を売り主が負担することになりますが、この処分代が結構高くつくのです。

 一般のゴミはまとめて収集場所に出しておけば、役所が回収してくれますが、大きな家具や電化製品などの残置物は産業廃棄物となります。さっそく業者に連絡をとり、残置物の分別、運搬費、処分代などの見積もりを出してもらいました。

 村瀬さんの実家は、それでなくてもたくさんのタンスや電化製品に加え、鉄製の物置から金庫、大型冷凍庫まであり、見積もり額は100万円を軽く超えました。これは20〜30坪の家の解体工事代と同じくらいの費用です。

 老親が暮らす実家は、こまめに訪ね、日ごろから断捨離しておくことをお勧めします。(正)

関連記事(外部サイト)

×